スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

テレビを見る時間を子供と約束する

投稿日:

その時間がきたらば、必ずスイッチを切るーといったけじめのある生活を教えることが大切です。その点で、お母さんもお父さんも、自分自身がテレビに対してけじめをつける努力をしなければならない。

小学生ともなれば、台所の後片づけをしているお母さんから、「勉強は」「宿題やった」と掛け声をかけられながらも、テレビにかじりついている子どもが多いのではないでしょうか。そうなれば、睡眠にも影響してきます。そこで、テレビを見る時間を子どもと約束することが絶対に必要です。

自分の欲望をおさえて、時間を守るという気持を養うことが、人格形成に重要な意味を持っています。しかし、睡眠にはもう一つの問題があります。子どもはお父さんと遊ぶのが好きですから、それに応じてよく遊んでくれるお父さんですと、おそくまでその帰りを待っているという子どもがいることです。

また、一日中テレビをつけっ放しというのでは、一家をテレビ中毒にしてしまうでしょう。「早く寝なさい」とわめき立てる前に、テレビの管理をどうするかについて、お母さんとお父さんとでじゅうぶんに話し合うことが大切です。

子どもが眠りにつくときには

子どもが眠りにつくときには、そのそばで、お話をしてあげたり本を読んであげるお母さんであってほしいものです。幼い子どもには、お母さんに手を握ってもらいながらの子守唄が大切です。

時間を守るということよりも、お父さんと遊ぶ楽しみの方を優先させるべきです。それは、親子関係の方がしつけよりも大切であるからです。お父さんと遊んだことで、子どもの心には暖かさが残ります。お母さんと子どもとの間の情緒的な結びつきはしっかりとしたものになります。

どんな名歌手の唄よりも、お母さんの歌声の方が、子どもの情緒の安定に役立ちます。いずれにしても、子どもが小学校低学年になるまでは、お母さんがそばにいてくれることが、子どもの安らかな眠りにとって大切です。安らかに眠ることのできた子どもは、よい夢を見ることでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …

no image

上の子を怒ってばかりいないで特別な思いをさせましょう

上の子が下の子をいじめたり、いじわるや乱暴をするようになったら、下の子はほうっておいてでも、しばらく上の子に特別な思いをさせましょう。子どもが「弟と私とどっちが好き?」と聞いてきたら、「〇ちゃんはママ …

no image

自発性のないお母さんは

働いている夫に対して、「思いやり」を持つ必要はありますが、一日も早く、家庭を大切にする社会の風潮を作ることが大切です。それには、どうしても夫婦の間の話し合いの時間をどこかに作り上げる努力から始めなけれ …

no image

お父さんと子供の遊びの時間

初めは駄じゃれでもよく、皆が楽しい気分になればよいの。努力をしているうちに、ユーモアのセンスが育ってくるものです。話題が楽しいと、食卓も明るくなります。子どもたちもそれに応じて、学校や友だちの家で体験 …

no image

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母 …