スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

テレビを見る時間を子供と約束する

投稿日:

その時間がきたらば、必ずスイッチを切るーといったけじめのある生活を教えることが大切です。その点で、お母さんもお父さんも、自分自身がテレビに対してけじめをつける努力をしなければならない。

小学生ともなれば、台所の後片づけをしているお母さんから、「勉強は」「宿題やった」と掛け声をかけられながらも、テレビにかじりついている子どもが多いのではないでしょうか。そうなれば、睡眠にも影響してきます。そこで、テレビを見る時間を子どもと約束することが絶対に必要です。

自分の欲望をおさえて、時間を守るという気持を養うことが、人格形成に重要な意味を持っています。しかし、睡眠にはもう一つの問題があります。子どもはお父さんと遊ぶのが好きですから、それに応じてよく遊んでくれるお父さんですと、おそくまでその帰りを待っているという子どもがいることです。

また、一日中テレビをつけっ放しというのでは、一家をテレビ中毒にしてしまうでしょう。「早く寝なさい」とわめき立てる前に、テレビの管理をどうするかについて、お母さんとお父さんとでじゅうぶんに話し合うことが大切です。

子どもが眠りにつくときには

子どもが眠りにつくときには、そのそばで、お話をしてあげたり本を読んであげるお母さんであってほしいものです。幼い子どもには、お母さんに手を握ってもらいながらの子守唄が大切です。

時間を守るということよりも、お父さんと遊ぶ楽しみの方を優先させるべきです。それは、親子関係の方がしつけよりも大切であるからです。お父さんと遊んだことで、子どもの心には暖かさが残ります。お母さんと子どもとの間の情緒的な結びつきはしっかりとしたものになります。

どんな名歌手の唄よりも、お母さんの歌声の方が、子どもの情緒の安定に役立ちます。いずれにしても、子どもが小学校低学年になるまでは、お母さんがそばにいてくれることが、子どもの安らかな眠りにとって大切です。安らかに眠ることのできた子どもは、よい夢を見ることでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …

no image

叱る親を子供が嫌いになってしまったら

「させよう、させよう」と事柄ばかり重視し、厳しくしっかりしっけていこうという思いをもつのは、それはそれで親の愛情のひとつの表れでしょう。とても愛情のあるお父さん、お母さんだと思います。でも叱ったり、命 …

no image

ママが嫌いだという2歳児

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発した …

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …