スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

テレビは太って見えるので大変

投稿日:2019年9月18日 更新日:

デザイナーが痩せたモデルを使うことには、理由がある。技術的なことを言えば、テレビやフィルムには実際よりも一回りか一回りサイズが大きく映ってしまうんだ。カメラのせいで、一回りか一回りは太って見えるんだな。自分が道で大きなローラーに襲されたところを想像してみるといいよ。体がべしゃんこに広がるはずだろ。物理の法則だよ。何かを三次元から二次元に置き換える時には、基本的に平べったく伸ばしていることになるんだ。その分四~五キロ多めに見えるというわけさ。あまり痩せていない人なら肥満体に見えるだろうね。

鏡で見る分には、ちょっとばかり健康そうって程度で、決して悲惨な感じじゃないのに、テレビや映画の自分を見ると、こんなに太ってたのかって驚くんだよ。テレビに映った自分の姿を見ると、自分が嫌になっちゃうね。すごく太って見えるんだ。そう語るBCBGのデザイナー、マックス・アズリアによれば、ベスト・サイズは〇と二だと言う。

カメラには実物よりも太って映ってしまうと

確かに、カメラには実物よりも太って映ってしまうと、カメラマンのランディ・ブルックスも保証する。それにしても、誰もが細く見えなくちゃいけないなんて言ってるのは誰なのだろう?ニューヨーク・タイムズ一〇〇〇年九月某日の紙面でジョン・ティアニー記者がほのめかしているように、おそらく、デザイナーは肉感的な曲線美のほうに注目が行ってしまうことは避けたいはずだ。女性にはさらに残酷な運命が待っている。

一〇〇二年にリヴァプール大学の研究者たちが行った調査で、テレビは男性をよりたくましく見せるが、女性のほうはよりどっしりと見せてしまうことがわかったのだ。男女の画像を見た被験者たちは、テレビだと両性とも五%太って見えると言ったのだが、画像知覚のいたずらで顎のラインががっしりしているように見えてしまい、これが男性に有利に働いたらしい。つまり、画面で細く見えるためには、極細でなければいけないのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

救いの手を差し伸べてくるファッションという存在

自分の体について、嫌というほど意識させておいて、救いの手を差し伸べてくるファッションという存在。二〇〇一年一月、リー・クーパーはパック・イット・ジーンズ復刻版を売り出した。もともと一九七〇年代に作られ …

no image

デザイナーはただ自分の服を一番きれいに見える体に着せて披露

ファッション・ヴィクティムは、ほとんどの場合、モデル自身は単なる将棋の駒でしかないことに気づいている。しょせん、盤上を支配するのはデザイナーなのだから。だが、当のデザイナーは、ただ自分の服を一番きれい …

no image

いい加減な関税システムのおかげで

いい加減な関税システムのおかげで、輸入テキスタイルなどの材料も必ずしも到着時にチェックを受けるとは限らず、割当量が決まっていたり課税対象だったりする国の生地でもそのまま入ってきてしまうことがある、とい …

no image

デザイナーのエゴ

ティアニーが綴る。なぜモデルたちは飢えなければならないのか?ファッション界には、服はハンガーのような体に着せたほうが映えるからという模範解答がある。だが、おそらくはデザイナーのエゴもあるはずである。彼 …

no image

ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている

ファッション広告も雑誌に似て、ただ私たちをイメージで取り囲むだけで痩せた理想像形成に一役買うという性格を持つ。イラスト広告でさえ、必ずと言っていいほど、ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描か …