スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

テレビは太って見えるので大変

投稿日:2019年9月18日 更新日:

デザイナーが痩せたモデルを使うことには、理由がある。技術的なことを言えば、テレビやフィルムには実際よりも一回りか一回りサイズが大きく映ってしまうんだ。カメラのせいで、一回りか一回りは太って見えるんだな。自分が道で大きなローラーに襲されたところを想像してみるといいよ。体がべしゃんこに広がるはずだろ。物理の法則だよ。何かを三次元から二次元に置き換える時には、基本的に平べったく伸ばしていることになるんだ。その分四~五キロ多めに見えるというわけさ。あまり痩せていない人なら肥満体に見えるだろうね。

鏡で見る分には、ちょっとばかり健康そうって程度で、決して悲惨な感じじゃないのに、テレビや映画の自分を見ると、こんなに太ってたのかって驚くんだよ。テレビに映った自分の姿を見ると、自分が嫌になっちゃうね。すごく太って見えるんだ。そう語るBCBGのデザイナー、マックス・アズリアによれば、ベスト・サイズは〇と二だと言う。

カメラには実物よりも太って映ってしまうと

確かに、カメラには実物よりも太って映ってしまうと、カメラマンのランディ・ブルックスも保証する。それにしても、誰もが細く見えなくちゃいけないなんて言ってるのは誰なのだろう?ニューヨーク・タイムズ一〇〇〇年九月某日の紙面でジョン・ティアニー記者がほのめかしているように、おそらく、デザイナーは肉感的な曲線美のほうに注目が行ってしまうことは避けたいはずだ。女性にはさらに残酷な運命が待っている。

一〇〇二年にリヴァプール大学の研究者たちが行った調査で、テレビは男性をよりたくましく見せるが、女性のほうはよりどっしりと見せてしまうことがわかったのだ。男女の画像を見た被験者たちは、テレビだと両性とも五%太って見えると言ったのだが、画像知覚のいたずらで顎のラインががっしりしているように見えてしまい、これが男性に有利に働いたらしい。つまり、画面で細く見えるためには、極細でなければいけないのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工 …

no image

セレブは社会が理想とする体型に常に影響を及ぼしてきた

私たちは、一九八〇年代にはやや軟弱な感じだったマドンナが、九〇年代に筋肉質な体つきへと変貌していくさまを見届けてきた。ジャネット・ジャクソンも激しいワークアウトで体脂肪を減らし、鍛え上げた腹筋を見せる …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …

no image

超スキニーなモデルを愚弄しながらダイエットに励む私たち

私たちは、たとえばリッキー・レイク、オプラ・ウィンフリー、リチャード・シモンズ、ジャレッド・フォグルといった減量成功者たちのビフォー・アンド・アフター話に拍手喝采する。フォグルは、サブウェイの野菜サン …

no image

ドライ・クリーニング業者に責任転嫁

洗える衣類であっても「ドラリーニングのこと」というラベルを貼る。これは、単に服がダメージを受ける可能性を少ないうだけでなく、ドライ・クリーニング業者に責任転嫁するということでもある。 私たちはなぜ服を …