スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

テレビは太って見えるので大変

投稿日:2019年9月18日 更新日:

デザイナーが痩せたモデルを使うことには、理由がある。技術的なことを言えば、テレビやフィルムには実際よりも一回りか一回りサイズが大きく映ってしまうんだ。カメラのせいで、一回りか一回りは太って見えるんだな。自分が道で大きなローラーに襲されたところを想像してみるといいよ。体がべしゃんこに広がるはずだろ。物理の法則だよ。何かを三次元から二次元に置き換える時には、基本的に平べったく伸ばしていることになるんだ。その分四~五キロ多めに見えるというわけさ。あまり痩せていない人なら肥満体に見えるだろうね。

鏡で見る分には、ちょっとばかり健康そうって程度で、決して悲惨な感じじゃないのに、テレビや映画の自分を見ると、こんなに太ってたのかって驚くんだよ。テレビに映った自分の姿を見ると、自分が嫌になっちゃうね。すごく太って見えるんだ。そう語るBCBGのデザイナー、マックス・アズリアによれば、ベスト・サイズは〇と二だと言う。

カメラには実物よりも太って映ってしまうと

確かに、カメラには実物よりも太って映ってしまうと、カメラマンのランディ・ブルックスも保証する。それにしても、誰もが細く見えなくちゃいけないなんて言ってるのは誰なのだろう?ニューヨーク・タイムズ一〇〇〇年九月某日の紙面でジョン・ティアニー記者がほのめかしているように、おそらく、デザイナーは肉感的な曲線美のほうに注目が行ってしまうことは避けたいはずだ。女性にはさらに残酷な運命が待っている。

一〇〇二年にリヴァプール大学の研究者たちが行った調査で、テレビは男性をよりたくましく見せるが、女性のほうはよりどっしりと見せてしまうことがわかったのだ。男女の画像を見た被験者たちは、テレビだと両性とも五%太って見えると言ったのだが、画像知覚のいたずらで顎のラインががっしりしているように見えてしまい、これが男性に有利に働いたらしい。つまり、画面で細く見えるためには、極細でなければいけないのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

セレブは社会が理想とする体型に常に影響を及ぼしてきた

私たちは、一九八〇年代にはやや軟弱な感じだったマドンナが、九〇年代に筋肉質な体つきへと変貌していくさまを見届けてきた。ジャネット・ジャクソンも激しいワークアウトで体脂肪を減らし、鍛え上げた腹筋を見せる …

no image

テレビじゃ何でもお見通しとまではいかないね

スタイリストやメイクアップ・アーティストも脇に控えていて、ストラップの長さを調整したり、糸くずを取り除いたり、頬紅を足したり、口紅のグロスを塗り直したりする。そして、いったん撮影に入ると、みんなが目に …

no image

いい加減な関税システムのおかげで

いい加減な関税システムのおかげで、輸入テキスタイルなどの材料も必ずしも到着時にチェックを受けるとは限らず、割当量が決まっていたり課税対象だったりする国の生地でもそのまま入ってきてしまうことがある、とい …

no image

アパレル・メーカーは人件費を削るしかない

一九九九年にメリーマウント大学倫理問題センターが行った調査では、スウェットショップに対して責任があるのは工場だけだと思っている消費者が六五%を占めており、小売業者にも責任があるとする人は一一%にとどま …

no image

服のサイズが11のディロンの写真は批判を浴びた

サイズ一二以上の女性をターゲットに据えたファッション&ビューティ雑誌モードについて考えてみよう。発行人は最終的に、廃刊は不況のせいであって発行部数の低迷によるものではないとした。この雑誌は発行 …