スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

手の届かない所にある物をつかもうとするなどの赤ちゃんの特徴

投稿日:

赤ちゃんの特徴には色々ある

手の届かない所にある物をつかもうとする。
とりわけ、オモチャや自分の手、ロなどは細かい部分まで念入りに調べようとする。
魅せられたように繰り返しの動作をじっと眺める。例えば、ジャンプする子供の動きハンマーで釘を打つ、ナイフでパンを切る、橋で髪をとかす、スプーンでコーヒーをかき混ぜる動き、小鳥が鳥カゴの中で動き回る姿など。
話をするママの口や唇の動きを面白そうに見つめる。
たまたま物が手に触れると、それを目で確かめないで無関心のまま片手でつかんでみる。
片手で物をつかんで別の場所に移すことができる。
ママの手を自分のロの中に入れようとする。
話をしているママの口に触ったり、自分の手をその中に入れたりする。
例えば、オモチャの電話の番号を指で押したり、して、特定のオモチャの遊び方が分がるようになる。

自分の名前が呼ばれると反応するなど

自分の名前が呼ばれると反応する。
他のさまざまな音が混じっても、ある特定の音だけを聴き分けることができる。それで、他の音に紛れて自分の名前がいっしょに呼ばれても、それに反応する。
テーブルの上でオモチャを振り動かして、テーブルにぶつけてみる。
オモチャなどを自分のロの中に入れ、それをなめたり、かんだりする。
顔の上にのせた布切れを、ゆっくり手で取り除くことができる。
一部分が隠れて見えなくても、見慣れたオモチャなどを見つけ出すことができる。でも、それをうまく取り出せないと、すくにあきらめてしまう。
オモチャを揺り動かそうとする。
ママの姿を探そうとして周りを見回す。
オモチャをわざと床の上に投げてみる。
一部分が隠れて見えないオモチャを探し出す。
鏡に映った自分の姿に驚いたり、喜んだりする反応を見せる。
ページをめくりやすい薄い雑誌などを手に持って、写真の人物などを興味深そうに眺める。
ママの口から聞こえてくる音に注意深く耳を傾ける。

赤ちゃんには上記のような色々な反応があるのである。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …

no image

子供の人見知りが激しい状態になる

六〜八カ月になりますと、はっきりと人の顔が見えるようになります。そうなると、見なれぬ人には恐れを感じ、お母さんにしがみつくでしょう。これが「人見知り」です。「人見知り」が現われて、お母さんにしがみつく …

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

親の言うことに絶対「ハイ」と言わせる教育の悪い点

自由を与える以上、それに伴う責任の能力を養わなければならない。「親のいうことは何でもハイといってききなさい」といった言葉や「何でも先生にきいてからしなさい」といった言葉が、親たちの口からいわれているの …