スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

投稿日:

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。また、わが国の中でも、昔と今とではしきたりやきまりに非常に大きなちがいがあり、昔はよいとされていたことでも、今では好ましくないというものがたくさんありますし、その逆もある。

適応の能力とは、どういう力をいうのでしょうか。それは、家庭には家庭のきまりというものがあり、幼稚園や学校にも、さらには社会にもいろいろなしきたりや規則がありますが、それを守ろうとする心です。この心が育っていないと、家庭や学校や社会の秩序を乱しても平気でいるような子どもになってしまいます。それでは、秩序が保てません。

注意しなければならないことは、みせかけの適応、にせの適応であってはならないということです。「みせかけ」や「にせ」の適応を早く見破って、心から適応しようという気持を養うように努力しなければなりません。

規則に子どもを従わせるだけでなく

しきたりとか規則に子どもを従わせるだけでなく、そうしたしきたりや規則が、本当によいものかどうかについて考える力をも育てなければなりません。無批判にそれらを受け入れ、それに従うように教えることは、自発性のない人間を作ってしまいますし、世の中の進歩発展が望めなくなってしまいます。

では、「みせかけ」とか「にせ」の適応というのは、どういうことをいうのでしょうか。それは、親や先生からほめられたいためにしている適応行動をさしています。それは、思春期・青年期になって現われる挫折で、登校拒否の子どもには顕著に現われているのです。だれも「よい子」といってほめられるのはうれしいことです。しかし、ほめられたいばかりにしている行動は、ほめる人がいなくなったり、それに疑問が生じたときには、もろくもくずれさってしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会 …

no image

赤ちゃんの自立心が高まってきたら

赤ちゃんが扱いにくい危険な時期、はその始まりと同様に、いきなり終わりを迎えます。この時期になると、多くの母親はホッと一息ついて、子供をもった喜びに浸ることができるのです。子育ての緊張から、しばし解き放 …

no image

赤ちゃんの心に信頼感を育てる

赤ちゃんを手助けするための最善の策は、愛情を込めたお世話と思いやりの心なのです。この月齢の赤ちゃんは甘やかしてだめにするということがありませんから、泣いている時、あやしてやることに、何ら罪の意識を感じ …

no image

自己主張できないことは困難

二年ほど前のこと、私は西ドイツとオーストリアに四十日ほど滞在し、向こうの友だちの家に泊ったりしていました、というある人。欧米のレストランでは、必ずニューをお客さんの一人一人に渡します。それを受け取った …