スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

投稿日:

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。また、わが国の中でも、昔と今とではしきたりやきまりに非常に大きなちがいがあり、昔はよいとされていたことでも、今では好ましくないというものがたくさんありますし、その逆もある。

適応の能力とは、どういう力をいうのでしょうか。それは、家庭には家庭のきまりというものがあり、幼稚園や学校にも、さらには社会にもいろいろなしきたりや規則がありますが、それを守ろうとする心です。この心が育っていないと、家庭や学校や社会の秩序を乱しても平気でいるような子どもになってしまいます。それでは、秩序が保てません。

注意しなければならないことは、みせかけの適応、にせの適応であってはならないということです。「みせかけ」や「にせ」の適応を早く見破って、心から適応しようという気持を養うように努力しなければなりません。

規則に子どもを従わせるだけでなく

しきたりとか規則に子どもを従わせるだけでなく、そうしたしきたりや規則が、本当によいものかどうかについて考える力をも育てなければなりません。無批判にそれらを受け入れ、それに従うように教えることは、自発性のない人間を作ってしまいますし、世の中の進歩発展が望めなくなってしまいます。

では、「みせかけ」とか「にせ」の適応というのは、どういうことをいうのでしょうか。それは、親や先生からほめられたいためにしている適応行動をさしています。それは、思春期・青年期になって現われる挫折で、登校拒否の子どもには顕著に現われているのです。だれも「よい子」といってほめられるのはうれしいことです。しかし、ほめられたいばかりにしている行動は、ほめる人がいなくなったり、それに疑問が生じたときには、もろくもくずれさってしまいます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が二歳半を過ぎると

二歳半を過ぎますと、両親に対する態度に変化が現われます。両親の関心を集めようとして、さかんにしゃべりかけてきたり、両親に対して大げさに甘えたりしますが、お母さんがなにか世話をしようとすると、「ひとりで …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

新生児に見られる特徴

赤ちゃんに見られる特長には、以下のようなことがあります。 ・テレビで動いている画面を好んで見る。 ・犬や猫が歩いていたり、食べていたり、動いていたりするのを興味をもって見る。 ・鳥力ゴの中で飛び回る小 …

no image

子供に色々な体験をさせよう

年月をかけて、未熟な面をだんだんに成熟させていくのが教育です。また、電話に出ることに興味を持つ時期があります。先方からの話を一応きいた上で、「今、ママに代ります。ちょっとお待ち下さい」という言葉を教え …