スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには

投稿日:2015年5月24日 更新日:

適格退職年金を実施している企業が企業年金基金を設立するには、事務所や企業年金基金の組織などを新たに用意することになる。一方、厚生年金基金が規約型企業年金に移行するには、福祉事業などを整理しなければならなくなる(施設等を有している場合には処分しなければならなくなる)

規約型企業年金では、事業主も従業員の集団も複数あって、意思決定が困難となる場合があり得る。このため、独立した法人であり、代議員会という意思決定機関をもつ、企業年金基金を設立して企業年金を実施する仕組み(基金型企業年金)が必要とされている。こうしたことを考えると、規約型企業年金と基金型企業年金という2通りの運営方式があることが、制度間の円滑な移行に資するということも期待できるかもしれない。

「確定給付企業年金」とは、厚生年金適用事業所の事業主が、単独でまたは共同して確定給付企業年金法第2章から第11章までの規定に基づいて実施する年金制度をいう(確定給付企業年金法第2条第1項)。企業の労使が確定給付企業年金を実施するには、まず、労使合意に基づき、規約を作成し、厚生労働大臣の承認または認可を受けなければならない。

確定給付企業年金を実施するために必要な事項

「厚生年金適用事業所」とは、厚生年金保険の対象となっている事業所であり(確定給付企業年金法第2条第2項)、「被用者年金被保険者等」とは、厚生年金保険の被保険者および私立学校教職員共済制度の加入者をいう(確定給付企業年金法第2条第3項)。

規約には、実施事業所、加入者資格、給付、掛金、財務、終了と清算など確定給付企業年金を実施するために必要な事項がきちんと定められていなければならない。また、確定給付企業年金の加入者となるのは、確定給付企業年金を実施する事業所に使用される被用者年金被保険者等である(確定給付企業年金法第25条第1項。実際の規定は、「実施事業所に使用される被用者年金被保険者等は、加入者とする。」)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

年金財政計画の弱点-試算が外れるおそれを生む原因

「方向性と論点」のなかで提示されていた年金財政計画の最大の弱点ー試算が外れるおそれを生む原因ーは、「方向性と論点」における財政計画が、永続的に強く市場に依存しつづけていることにあるように、思える。 「 …

no image

社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限

ある専門家は語る。社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限は、10年以上も前に5件ほど試されただけで、それ以降、その権限は行使されていないという状況は、妙に納得がいく。適切なインセンテイブ …

no image

企業年金の様々な過去の問題点

わが国の企業年金は、制度創設当時から様々な問題点を抱えていた。しかし、両制度とも、高度経済成長のなかで大きく普及・発展してきた。適格退職年金は、当時すでに検討されていた厚生年金基金が発足するまでのつな …

no image

公的年金制度の再構築

国民年金には相当の高所得者も含まれているのであるが、定額の保険料しか徴収されていない。そこに、比例拠出・応能負担の職域年金から、所得が再分配されている。ゆえに、所得の垂直的再分配という納得の仕方も難し …