スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

誕生日はなぜめでたいのだろうか

投稿日:

クリスマス・プレゼントは、お歳暮とバレンタインのチョコの中間に位置するといってよい。しかし、彼も手編みのセーターを彼女からもらったなら、まさか、それがお歳暮だとは思わないであろう。本命の彼にクリスマス・プレゼントに、油の詰め合わせセットなど贈らないのと同じように。

バレンタインならば、そこに、友情以上の好意があることが暗黙の了解なのだが、クリスマス・プレゼントとなると、よくわからない。お中元、お歳暮と同レベルのクリスマス・プレゼントもあるだろうし、バレンタィンと同じ意味のクリスマス・プレゼントもあるだろう。

また、なぜ、誕生日がめでたいのか。年をとることが、なぜ、そんなにめでたいのか。この疑問で始まったストーリーが、あなたが生きていてくれて、ありがとう。だから、誕生日おめでとう。去年から1年間、なんとまあ、無事で生きてこれたなんて。なんてめでたいんだ。神に感謝しよう。だから、誕生日おめでとうという結論に収束されてゆく。

誕生日を心から祝ってくれるのは

アナタの誕生日を、心から祝ってくれるのは、アナタの恋人だけと言ってよい。たまたまアナタの髪をブローしている美容師さんや、ビールを届けに来た酒屋さんが、へエ、今日、誕生日なの。そりゃ、オメデトウと言うことと、アナタの恋人の口から出る、誕生日オメデトウとでは、言葉の重みがまったく違う。

誕生日を、誰より、祝ってくれるのは、恋人であるはずだ。なぜなら、恋愛の究極は、とにかく、愛しいあなたが、生きてさえいてくれればいいなのであるから。ワタシのこと嫌いでもいい。他の女と結婚してもいい。それでも、あなたが死んでしまうよりは、ずっとマシ。これこそが、恋の純粋原型である。

誕生日オメデトウ。生きていてくれてアリがトウ。アナタの存在が、ワタシの幸福なのです恋人のオメデトウには、そのような意味が含まれている。それにひきかえ、通りすがりの人々のオメデトウは、今日も、冷えますねや、もうかりまっかと同じ程度の意味合いしかないのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

デートの誘いを断られないでオッケーしてもらえるテクニック

「保留」というニュートラルな状態からは、YESにもNOにもいきやすい。つまり、このスタンスによって、女は、男のお手並みをじっくりと観察しつつ、YESかNOかを臨機応変に決定できるというわけだ。こういう …

no image

恋の激情を味わいたいと思ってはいませんか?

兄と妹のようなふたり。結婚生活は、むしろそのくらいの淡々とした関係のほうが向いていると思います。激情は結婚生活を破滅に導きかねない要因であるということを経験。また、周囲のカップルを見回して気づくに至っ …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …