スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

誕生日はなぜめでたいのだろうか

投稿日:

クリスマス・プレゼントは、お歳暮とバレンタインのチョコの中間に位置するといってよい。しかし、彼も手編みのセーターを彼女からもらったなら、まさか、それがお歳暮だとは思わないであろう。本命の彼にクリスマス・プレゼントに、油の詰め合わせセットなど贈らないのと同じように。

バレンタインならば、そこに、友情以上の好意があることが暗黙の了解なのだが、クリスマス・プレゼントとなると、よくわからない。お中元、お歳暮と同レベルのクリスマス・プレゼントもあるだろうし、バレンタィンと同じ意味のクリスマス・プレゼントもあるだろう。

また、なぜ、誕生日がめでたいのか。年をとることが、なぜ、そんなにめでたいのか。この疑問で始まったストーリーが、あなたが生きていてくれて、ありがとう。だから、誕生日おめでとう。去年から1年間、なんとまあ、無事で生きてこれたなんて。なんてめでたいんだ。神に感謝しよう。だから、誕生日おめでとうという結論に収束されてゆく。

誕生日を心から祝ってくれるのは

アナタの誕生日を、心から祝ってくれるのは、アナタの恋人だけと言ってよい。たまたまアナタの髪をブローしている美容師さんや、ビールを届けに来た酒屋さんが、へエ、今日、誕生日なの。そりゃ、オメデトウと言うことと、アナタの恋人の口から出る、誕生日オメデトウとでは、言葉の重みがまったく違う。

誕生日を、誰より、祝ってくれるのは、恋人であるはずだ。なぜなら、恋愛の究極は、とにかく、愛しいあなたが、生きてさえいてくれればいいなのであるから。ワタシのこと嫌いでもいい。他の女と結婚してもいい。それでも、あなたが死んでしまうよりは、ずっとマシ。これこそが、恋の純粋原型である。

誕生日オメデトウ。生きていてくれてアリがトウ。アナタの存在が、ワタシの幸福なのです恋人のオメデトウには、そのような意味が含まれている。それにひきかえ、通りすがりの人々のオメデトウは、今日も、冷えますねや、もうかりまっかと同じ程度の意味合いしかないのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

付き合いが長くて兄弟のような関係に

子供を二人も産み、締め切りをこなし、3歳も過ぎてしまうと、人間、ちっとやそっとでは落ち込まなくなってしまう、とある人は語る。こんな私にも、かつては繊細で傷つきやすい魂の時期もあったのだわ、と懐かしく思 …

no image

彼以外の男性からアプローチがあった

彼以外の男性からアプローチがあった場合。両天評にかけたいステキな男性が出現したなら、短期間二股かけるのもテ。これを成功させるためには、あなたの内の罪の意識なるものを完全に捨て去ることです。 広い世界に …

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

教養は必要か-彼の話が理解できない

先日、彼と彼の友人三人とお酒を飲んだときのことです。私にはよくわからない話が出てきました、と語るある女性。 教養、って何ですか?人を好きになる、あるいは好きになってもらう資格のひとつに教養は必要ですか …