スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

投稿日:

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味になってしまう。

タンデム走行は、後ろに乗った人のテクニック、によって大きく左右され、快適な走りになることもあれば、最悪な走りですぐ疲れてしまったり、危険な走りになってしまったりすることもある。

ここで、気を付けなければならないのは、ライダーに寄りかかってしまわないことだ。あまりに密着しすぎてタンデムライダーの体重をライダーにあずけてしまう場合があり、これは、ライダーにとって非常に厳しくつらいものだ。このような状態になると、ライダーはタンデムライダーの体重を支えようとうでが突っ張ってしまい危ない。

ライダーとの一体感をとれないもの

バイクそのものの特性を知らないし、コーナーに行っても恐さが先に立って、ライダーとの一体感をとれないものだ。このような人を後ろに乗せた時は、まず1回急ブレーキをかけてやる。そうすると後ろに乗っている人はズルッとすべってライダーにピッタリつく。

また、コーナーでマシンがリーンしても絶対に逆らわないでライダーに自分をまかせるようにして、同じフォームをとること。深いコーナーになってくると恐くなって力を入れたり、反対の方向に身体を持っていこうとする人もいるが、これはバランスを崩すので危険になってしまう。やはりたとえ転倒してもライダーと一緒、といった気持ちで、どこまででもライダーについていく心構えが必要。

タンデムライダーが寝るとコックリコックリしてくるのでライダーはすぐにわかる。この場合やはり急ブレーキがてきめんにきく。急ブレーキをかけてやれば、ほとんど正気に戻って、しっかりとつかまってくれるものだ。振動が少なく排気音も騒音規制のおかげで静かになっているから、疲れてくると、後ろのライダーは寝てしまうことがある。ちょうど、エンジン音が子もり歌のように聞こえてしまうのだろう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …