スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

投稿日:

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味になってしまう。

タンデム走行は、後ろに乗った人のテクニック、によって大きく左右され、快適な走りになることもあれば、最悪な走りですぐ疲れてしまったり、危険な走りになってしまったりすることもある。

ここで、気を付けなければならないのは、ライダーに寄りかかってしまわないことだ。あまりに密着しすぎてタンデムライダーの体重をライダーにあずけてしまう場合があり、これは、ライダーにとって非常に厳しくつらいものだ。このような状態になると、ライダーはタンデムライダーの体重を支えようとうでが突っ張ってしまい危ない。

ライダーとの一体感をとれないもの

バイクそのものの特性を知らないし、コーナーに行っても恐さが先に立って、ライダーとの一体感をとれないものだ。このような人を後ろに乗せた時は、まず1回急ブレーキをかけてやる。そうすると後ろに乗っている人はズルッとすべってライダーにピッタリつく。

また、コーナーでマシンがリーンしても絶対に逆らわないでライダーに自分をまかせるようにして、同じフォームをとること。深いコーナーになってくると恐くなって力を入れたり、反対の方向に身体を持っていこうとする人もいるが、これはバランスを崩すので危険になってしまう。やはりたとえ転倒してもライダーと一緒、といった気持ちで、どこまででもライダーについていく心構えが必要。

タンデムライダーが寝るとコックリコックリしてくるのでライダーはすぐにわかる。この場合やはり急ブレーキがてきめんにきく。急ブレーキをかけてやれば、ほとんど正気に戻って、しっかりとつかまってくれるものだ。振動が少なく排気音も騒音規制のおかげで静かになっているから、疲れてくると、後ろのライダーは寝てしまうことがある。ちょうど、エンジン音が子もり歌のように聞こえてしまうのだろう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …

no image

S字やクランクは難しいがポイントを覚えておけば何とかなる

S字やクランクでは、マシンの操安性やエンジンの性格、ハンドルの形状、ライディングポジション、そして1速の総減速比によって、やさしくも難しくもなる。しかも、手前約5mで一時停止し、10秒以上の時間をかけ …

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オン …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …