スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

投稿日:

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの手になじむまで、少し時間がかかるかもしれません。逆にいえば、どの新生児もみんな違っていることを忘れるほど、あなたは自分の子供に慣れ親しんでいるわけです。

赤ちゃんは腕に抱かれたり、愛撫を受けてかわいがってもらったり、揺りカゴに入れられたりすることに喜びを感じ、ときには軽く背中をたたいてもらうこともうれしいものです。赤ちゃんにとってスキンシップしすぎて困るようなことは何もありませんから、できるだけスキンシップをしてあげましょう。

スキンシップを通じて赤ちゃんは、どんなことが楽しく、何が自分に安らぎを与えてくれるのかをあなたに伝えてくれる。やがてあなたは、興奮した赤ちゃんの気を静めるのにスキンシップがすぐれた効果をもつことに気付くでしょう。

赤ちゃんを両手で抱き上げることになる

どの母親でも赤ちゃんの体の各部分を撫でる方法は、とてもよく似通っています。最初は、まるで腫れ物に触るように指先だけでそっと撫でていますが、だんだん慣れてきて、指全部を使ったり、ときには軽く押してみたりして、やさしくスキンシップを与えます。それから、手の平で赤ちゃんの体を撫でてやり、最後には、こんなにも愛しいものがこの世に誕生したことに感極まって、赤ちゃんを両手で抱き上げることになるのです。

出産後すぐに、赤ちゃんと接する機会があるなら、次のような順番で赤ちゃんにスキンシップを与えてあげましょう。まず最初に、指先で髪の毛に触ってみて下さい。しっとりとして、柔らかい感触が伝わってくるでしう。次に、頭や顔を指で撫でてあげましょう。それから、かわいらしい手足の指や爪を触ってあげ、体の中心線に沿って指先をはわせ、腕や足、首なども撫でてあげましょう。最後に、かわいいお腹や胸を触ってみて下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …

no image

この世界にまったく同じ赤ちゃんは二人とはいません

どんな行動にも挑戦しようとする赤ちゃんもいれば、特定の行動にだけ興味を抱く赤ちゃんもいます。このような個人差がそれぞれの赤ちゃんの個性を形成していくわけです。ですから、あなたが赤ちやんの仕草や行動をよ …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …