スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

投稿日:

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの手になじむまで、少し時間がかかるかもしれません。逆にいえば、どの新生児もみんな違っていることを忘れるほど、あなたは自分の子供に慣れ親しんでいるわけです。

赤ちゃんは腕に抱かれたり、愛撫を受けてかわいがってもらったり、揺りカゴに入れられたりすることに喜びを感じ、ときには軽く背中をたたいてもらうこともうれしいものです。赤ちゃんにとってスキンシップしすぎて困るようなことは何もありませんから、できるだけスキンシップをしてあげましょう。

スキンシップを通じて赤ちゃんは、どんなことが楽しく、何が自分に安らぎを与えてくれるのかをあなたに伝えてくれる。やがてあなたは、興奮した赤ちゃんの気を静めるのにスキンシップがすぐれた効果をもつことに気付くでしょう。

赤ちゃんを両手で抱き上げることになる

どの母親でも赤ちゃんの体の各部分を撫でる方法は、とてもよく似通っています。最初は、まるで腫れ物に触るように指先だけでそっと撫でていますが、だんだん慣れてきて、指全部を使ったり、ときには軽く押してみたりして、やさしくスキンシップを与えます。それから、手の平で赤ちゃんの体を撫でてやり、最後には、こんなにも愛しいものがこの世に誕生したことに感極まって、赤ちゃんを両手で抱き上げることになるのです。

出産後すぐに、赤ちゃんと接する機会があるなら、次のような順番で赤ちゃんにスキンシップを与えてあげましょう。まず最初に、指先で髪の毛に触ってみて下さい。しっとりとして、柔らかい感触が伝わってくるでしう。次に、頭や顔を指で撫でてあげましょう。それから、かわいらしい手足の指や爪を触ってあげ、体の中心線に沿って指先をはわせ、腕や足、首なども撫でてあげましょう。最後に、かわいいお腹や胸を触ってみて下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

我慢する力を子供につけさせる

本などについても、字が読めるとか、本が好きな子どもだということで、子どもにほしいといわれればそのまま買っているお母さんやお父さんがいます。しかし、小学校にも中学校にもいろいろな教科があります。理科が嫌 …

no image

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わ …

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …

no image

子供から目を離す親

運転している者は、子どもに対して絶えず注意を払うことが必要で、そのためのドライバーの教育を徹底することを切に望みたいのです。不注意は、お母さんの側にあります。交通事故にあうことの最も多い子どもの年が、 …

no image

強制は子どもを抑圧する

六歳になるまで、非常に少食で、体重も十四キロという子どもを治療したことがあります、というある人。お母さんが食べさせることが多かったので、著を使う技術も習得していなかったからです。そこで、一年かかって食 …