スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

玉の輿に乗りたいと願う女達

投稿日:

玉の輿願望の女たちが許せません。大切なものを忘れているのではないでしょうか?、とある人は語る。独身時代は複数の男性と適度に距離を保ちながらつきあいを続け、彼らの人間性とは別次元の条件、つまり、勤務先、年収、家柄などを冷静にみつめている、そして、チャンスがめぐってきたら逃さずという図式が見え見えです。何か大切なものが一の次になっている風潮、私にはとても共感を覚えることはできません。

玉の輿、という言葉をよく耳にします。昔からある言葉ですから、べつに新しくもないのですが、最近のこれをもてはやす風潮は、あまり気分のいいものではありません。玉の輿、イコール楽で得して安泰、という考え方が許せない。

最近の女性週刊誌ではよく玉の輿特集、が組まれています。現実にも玉の輿を狙っている若い女性を目にしたりします。しかし、そういった若い女性をそれほど憎たらしく思ったりはしません。なぜなら、玉のなど現実にはほとんど存在しないからです。

玉の輿となれば

玉の輿となれば、三条件に加えて、実家が資産家、東京に土地を持っている、の条件が加わるわけでしょう。そんな男性、一人に一人いるかいないかです。つまり、九九九人の女性がその玉の輿結婚からあぶれるわけで、玉の輿願望のほとんどは、それを手に入れられずに終わる。だから、風潮は風潮として、ただ受け止めておけばいいのです。

若い女性の理想の結婚相手の条件としてよく挙げられるのが一流大卒、身長一七〇センチ以上、一流企業にお勤めです。しかし、ある調査によると、この三条件を満たす独身適齢期男性は、二人に一人の割なのだそうです。そういわれれば、ざっと見回しても、身長一七〇センチ以上の男性は少ない。

玉の輿を狙ってる女性は哀れなだけです。彼女らを軽薄とバカにするのも気の毒です。いずれ、現実を知るのですから。また、幸運にも玉の輿、に乗ってしまった女性もかわいそうです。楽して富を手に入れてしまった人間に待っているものは、ただ、退屈だけです。退屈を警沢でまぎらわしたりします。賛沢でウサの晴れてしまう単純な人間はただのバカですから、放っておけばよろしいのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

片付けられない妻

私の悩みはだらしないことです、と語るある女性。こういう私でも、いずれは結婚すると思います。男の人はやっぱり自分の家がキチンと片付いている方が好きですよね。家庭を持ったときにこのままでいいのか、私はいま …

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …

no image

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。という …

no image

ミステリアスな人はモテる

心理学者のバーリン博士は、女性心理を研究しつくしたうえで「男性が女性に好かれるための三つの要素」を発見した。バーリン博士が「美的モデル」と名づける男性は、以下の「三要素」をそなえた男性である。複雑さ( …