スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

投稿日:

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということになる。これはタイヤの特性やオートバイの性格に合わせて決定されているもので、この数値に合わせておけば、いちおうの走りはこなせる。

タイヤを指で押してみれば、その人のテクニックがわかる、といえばちょっと大げさかもしれないが、空気圧にどれくらい気をつかっているかでライダーの程度が知れる。これはちっともオーバーな表現ではない。それほど空気圧は大切なものなのだ。なぜならば、いかに強力なパワーを誇るオートバイでも、そのパワーを路面に伝えるのは結局のところタイヤしかなく、タイヤを支えるのなかにはいっている空気なのだから。

走行条件はいつも変化している。ひとりで乗るかタンデム走行するか、またアスファルトかダートかなど数えきれないほどだ。これらの条件につねに対応して空気圧を変えていくのがベストなのだが、実際問題としてそうはいかない。そこで空気圧をいくらに設定するかという問題になるのだが、これこそ乗ってみるしかない。

大切になるのがメーカーの標準空気圧

大切になるのがメーカーの標準空気圧。この値でまず乗ってみて、そこから自分に合った空気圧を決めるのがベスト。標準空気圧の数値はチェーンケースかリアフェンダーあたりに貼り付けてあるはずだから、よく確認すること。また空気圧をチェックするには空気圧計が必要。空気圧計はポケットにもはいるほど小さいし、価格もさほど高くないので、携帯用の工具入れに用意しておくくらいの心づもりがほしい。

また、2輪に乗るのに服装をビシッとキメるのは当たりまえ、山登りをするのに海水パンツとサーフボードを持っていく人がいないのと同じ。そんなことは当然、と笑ってはいけない。2輪に関しては、海水パンツで山に登るのと同じような誤りを平気でおかす人が多い。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …