スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

投稿日:

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということになる。これはタイヤの特性やオートバイの性格に合わせて決定されているもので、この数値に合わせておけば、いちおうの走りはこなせる。

タイヤを指で押してみれば、その人のテクニックがわかる、といえばちょっと大げさかもしれないが、空気圧にどれくらい気をつかっているかでライダーの程度が知れる。これはちっともオーバーな表現ではない。それほど空気圧は大切なものなのだ。なぜならば、いかに強力なパワーを誇るオートバイでも、そのパワーを路面に伝えるのは結局のところタイヤしかなく、タイヤを支えるのなかにはいっている空気なのだから。

走行条件はいつも変化している。ひとりで乗るかタンデム走行するか、またアスファルトかダートかなど数えきれないほどだ。これらの条件につねに対応して空気圧を変えていくのがベストなのだが、実際問題としてそうはいかない。そこで空気圧をいくらに設定するかという問題になるのだが、これこそ乗ってみるしかない。

大切になるのがメーカーの標準空気圧

大切になるのがメーカーの標準空気圧。この値でまず乗ってみて、そこから自分に合った空気圧を決めるのがベスト。標準空気圧の数値はチェーンケースかリアフェンダーあたりに貼り付けてあるはずだから、よく確認すること。また空気圧をチェックするには空気圧計が必要。空気圧計はポケットにもはいるほど小さいし、価格もさほど高くないので、携帯用の工具入れに用意しておくくらいの心づもりがほしい。

また、2輪に乗るのに服装をビシッとキメるのは当たりまえ、山登りをするのに海水パンツとサーフボードを持っていく人がいないのと同じ。そんなことは当然、と笑ってはいけない。2輪に関しては、海水パンツで山に登るのと同じような誤りを平気でおかす人が多い。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …