スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

投稿日:

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はどっち?」と聞きました。もう十数年も前の経験ですが、ある子ども会の主催で千葉にキャンプに行くことになりました。

聞かれた先生は「そうやって勝手な行動ばかりするから、オマエはいつもみんなに迷惑かけちゃうんだ。早くみんなのところに戻りなさい!」と女の子を叱り、叱られた女の子はプウッとふくれて今度は校長先生のところに行きました。

西ってわかる?あっちに日が沈んでいくだろう?日が沈む方向が西だから、東京はあっちだよ」と海を指差して教えてあげた。いつも穏やかで優しい校長先生は、女の子の同じ質問に対して、「東京かあ。東京は西のほうにあるんだよ、と。

そう教えてもらっても女の子は

そう教えてもらっても女の子は、今度は若い女の先生のところにそっと近づいて、「ねえ先生、東京とっち?」と同じ質問をしたのです。それを聞いた先生は「ああーママに会いたくなっちゃったのね」と言いながら、女の子をギュッと抱きしめました。すると途端に女の子の顔がバアッと明るくなり、「ワタシ、みんなとご飯食べてこよう」とスキップでキャンプファィヤーのほうに戻っていったのです。

子どもが「これがほしい」と言ったときに「ダメー」と切り捨ててしまったり、「これ食べたくない」と言ったときに「わがまま言わないで食べなさい」と叱ったり、「もう歩きたくない」と言ったときに「そんな甘えたこと言わないでちゃんと歩きなさい!」と突っばねたり、甘えさせるということとは逆方向に向かっている親御さんはたくさんいます。

女の子の質問に答えようともしないで叱り、「早く戻りなさい」と頭ごなしに命令した先生に対して、女の子はきっと「この先生キライー」と思ったに違いありません。三人の先生の対応のうち、若い男の先生の対応がまずいものであることは皆さんもおわかりかと思います。けれども、聞く耳もたずでピシャッとシャッターを下ろしてしまう、この若い男の先生のような態度で子どもと接している親御さんはけっこう多いのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

礼儀正しい人の育てられた人の根っこは弱い

メロメロになるほど甘えさせてもらった子、甘えきった子は、生きる土台となる根っこの部分ががっしりと強固です。自分に自信があり、安心していますから、人の日を気にしないで自分を堂々と出すことができます。百パ …

no image

何でも否定的に向き合う母親の子の心境は

どのような家庭であるかはそこにいる人たちの思いで決まっていきます。その中心にいるのがお母さんです。お母さんの思いで家庭の雰囲気がつくられていきます。ですからお母さん自身が「私はこんなに素晴らしい。うれ …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …

no image

ギャングエイジの体験の子供には必要

二人あるいはそれ以上の子どもたちが仲よくなり、秘密を作って守り合う状態が生じます。その秘密の内容は、いたずらであったり冒険であったりしますが、それを親や先生に内緒にすることを誓い合う。もちろん、それは …

no image

子供を叱ってもきかない・直らない場合

叱っても直らず、ほとほと困り果てている親御さんたちのご様子が伝わってきて、改めて子どもを育てることの大変さを思います。でも親にとっての子どもの困った行動には、すべて理由があるものです。その理由を考えて …