スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

投稿日:

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンドの下限に回転があることが必要であり、はじめのうちは、早めに減速を終了させ、入口からアクセルオンで曲がり、後輪にトルクをかけて加速する。これは、車体が起き上がる特性を生かしたテクニックである。

タイトコーナーは道幅が狭いが、それなりのラインどりは必要であり、対向車の確認やキーフレフトは、最優先させるべき要素である。立ち上がりで対向車線にふくらむような乗り方は、絶対に避けるべきである。

前輪に16インチのタイヤを採用したモデルの場合、コーナーでの寝かし込みが軽快であり、必要以上にスピードを殺してバンクさせると、フラリと安定性を失うので十分注意することだ。上り坂の左タイトコーナーなどでは、このケースが最も多い。自信のない場合は、1速でもいいから、アクセルオンで加速気味に回る練習から始めるとよい。

ラインどりが重要になってくる

今日のマシンは、旋回性(コーナーリング性)が非常によいので、ライダーが下手なハングオンを行ったり、ハンドルを無理にこじったりしなければ、自然と上手に曲がるようになっている。いいかえれば、マシンを旋回しやすい状態にすればよいわけだ。そのためには、スムースな寝かし込みとフォーム、そしてラインどりが重要になってくる。

40〜60km/hで回るコーナーを中速コーナー、80km/hで回るコーナーを高速コーナーと呼んでいる。これらのコーナーでは、進入スピードとバンク角の計算を間違えなければ、それほど難しく考える必要はない。

タイトコーナーと違ってこれらのコーナーでは、減速に余裕があり、スピードも速いので、車体を寝かし込むにも安定性がある。フォームは、リーンウイズを基本とし、少し慣れてきたら、腰を少し落としたリーンインにすると無理がない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …

no image

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れ …