スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

投稿日:

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンドの下限に回転があることが必要であり、はじめのうちは、早めに減速を終了させ、入口からアクセルオンで曲がり、後輪にトルクをかけて加速する。これは、車体が起き上がる特性を生かしたテクニックである。

タイトコーナーは道幅が狭いが、それなりのラインどりは必要であり、対向車の確認やキーフレフトは、最優先させるべき要素である。立ち上がりで対向車線にふくらむような乗り方は、絶対に避けるべきである。

前輪に16インチのタイヤを採用したモデルの場合、コーナーでの寝かし込みが軽快であり、必要以上にスピードを殺してバンクさせると、フラリと安定性を失うので十分注意することだ。上り坂の左タイトコーナーなどでは、このケースが最も多い。自信のない場合は、1速でもいいから、アクセルオンで加速気味に回る練習から始めるとよい。

ラインどりが重要になってくる

今日のマシンは、旋回性(コーナーリング性)が非常によいので、ライダーが下手なハングオンを行ったり、ハンドルを無理にこじったりしなければ、自然と上手に曲がるようになっている。いいかえれば、マシンを旋回しやすい状態にすればよいわけだ。そのためには、スムースな寝かし込みとフォーム、そしてラインどりが重要になってくる。

40〜60km/hで回るコーナーを中速コーナー、80km/hで回るコーナーを高速コーナーと呼んでいる。これらのコーナーでは、進入スピードとバンク角の計算を間違えなければ、それほど難しく考える必要はない。

タイトコーナーと違ってこれらのコーナーでは、減速に余裕があり、スピードも速いので、車体を寝かし込むにも安定性がある。フォームは、リーンウイズを基本とし、少し慣れてきたら、腰を少し落としたリーンインにすると無理がない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロント …