スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

過去の退職給付会計の基準変更について

投稿日:2015年5月23日 更新日:

退職給付会計は、退職給付の性格を賃金の後払いと捉えて、当期までに発生した(とみなされる)将来の退職給付の現価相当額を「退職給付債務」として認識する。1998(平成10)年6月の企業会計審議会意見書に基づき、わが国の企業会計基準の1つとして、2000(平成12)年4月(一部企業では2001《平成13》年4月)以降に始まる会計年度から、退職給付に係る新会計基準が導入されていた。

新しい退職給付会計の導入により、企業年金を含めた退職給付制度は母体企業の財務に大きな影響を与えることとなった。企業年金の設計と運営が明示的に企業の重要な経営戦略の1つとなるとともに、企業年金への社会の関心が一層高まり、それが企業年金の改革を促していくこととなった。

退職給付会計では、厚生年金基金の代行部分に関して、企業独自の給付と同じ方法で退職給付債務や退職給付費用等を認識することとされた。この会計処理は、代行部分に係る厚生年金基金の債務を最低責任準備金とする代行制度の仕組み(厚生年金本体と厚生年金基金の関係)に基づく内容となっていない。

企業年金の仕組みを左右するわけではない

退職給付会計の導入を契機として企業年金の給付は賃金の後払いとの見方が一般化していけば、受給権付与などの企業年金の基本的な枠組みが影響を受けていくこととなろう。ただし、退職給付会計の内容は、企業年金を含めた退職給付の仕組みに基づいて定められるべきものであり、企業会計の内容が企業年金の仕組みを左右するわけではない。

退職給付制度のうち企業年金に関しては、退職給付債務に対する積立不足を「退職給付引当金」として母体企業のバランスシート(負債)にオンバランスする。同時に、当期の発生に属する部分は、退職給付費用として損益計算に反映させる。退職給付会計における代行部分の取扱いは、確定給付企業年金法による給付建て企業年金の再編後において、企業の企業年金制度の選択を歪めるものとなっており、早急に見直す必要があると考えられる。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

老齢給付金の支給要件などについて

確定給付企業年金の老齢給付金は(年金ではなく)一時金として支給するといった旨を規約で定めることはできない。一時金として受給することができるのは、年金給付としての老齢給付金に保証期間(受給権者の生死にか …

no image

不足金の償却(積立水準の回復)などについて

不足金の償却(積立水準の回復)について、一定の範囲内で弾力的に対応できるようにすること(たとえば時価の変動による一時的な積立不足について、一定の範囲内では掛金の引上げを軽減することができる等の措置)が …

no image

遺族給付金とは?

遺族給付金は、給付対象者、具体的には、加入者、老齢給付金、障害給付金、脱退一時金の受給権者、脱退者のうち老齢給付金の支給開始要件を満たせば老齢給付金の受給権を有することとなる者(いわゆる受給待期脱退者 …

no image

基礎年金への国庫負担額を引き上げたいのであれば

基礎年金制度への国庫負担を引き上げたいのであれば、第1号被保険者の拠出金算定対象者割合が100%ではないために生じている保険料未納分を、国庫が負担する。すなわち、国庫は、免税者の免除保険料分を社会保障 …

no image

CB型のメリットは

CB型のメリットは、確定拠出年金とは異なり、60歳に達する前に退職した場合でも、退職時点で一時金給付を受けることができる点である(もっともこれはCB型に限った話ではなく、給付建ての企業年金全般に言える …