スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

過去の退職給付会計の基準変更について

投稿日:2015年5月23日 更新日:

退職給付会計は、退職給付の性格を賃金の後払いと捉えて、当期までに発生した(とみなされる)将来の退職給付の現価相当額を「退職給付債務」として認識する。1998(平成10)年6月の企業会計審議会意見書に基づき、わが国の企業会計基準の1つとして、2000(平成12)年4月(一部企業では2001《平成13》年4月)以降に始まる会計年度から、退職給付に係る新会計基準が導入されていた。

新しい退職給付会計の導入により、企業年金を含めた退職給付制度は母体企業の財務に大きな影響を与えることとなった。企業年金の設計と運営が明示的に企業の重要な経営戦略の1つとなるとともに、企業年金への社会の関心が一層高まり、それが企業年金の改革を促していくこととなった。

退職給付会計では、厚生年金基金の代行部分に関して、企業独自の給付と同じ方法で退職給付債務や退職給付費用等を認識することとされた。この会計処理は、代行部分に係る厚生年金基金の債務を最低責任準備金とする代行制度の仕組み(厚生年金本体と厚生年金基金の関係)に基づく内容となっていない。

企業年金の仕組みを左右するわけではない

退職給付会計の導入を契機として企業年金の給付は賃金の後払いとの見方が一般化していけば、受給権付与などの企業年金の基本的な枠組みが影響を受けていくこととなろう。ただし、退職給付会計の内容は、企業年金を含めた退職給付の仕組みに基づいて定められるべきものであり、企業会計の内容が企業年金の仕組みを左右するわけではない。

退職給付制度のうち企業年金に関しては、退職給付債務に対する積立不足を「退職給付引当金」として母体企業のバランスシート(負債)にオンバランスする。同時に、当期の発生に属する部分は、退職給付費用として損益計算に反映させる。退職給付会計における代行部分の取扱いは、確定給付企業年金法による給付建て企業年金の再編後において、企業の企業年金制度の選択を歪めるものとなっており、早急に見直す必要があると考えられる。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

公的年金制度の再構築

国民年金には相当の高所得者も含まれているのであるが、定額の保険料しか徴収されていない。そこに、比例拠出・応能負担の職域年金から、所得が再分配されている。ゆえに、所得の垂直的再分配という納得の仕方も難し …

no image

退職給付規約型などの年金の規約

厚生労働大臣は、規約の承認または企業年金基金の設立の認可を行ったときは、速やかに、その旨をその申請をした事業主に通知することとなっており(確定給付企業年金法第5条第2項、確定給付企業年金法第12条第2 …

no image

実績準拠法の基準ケースにおける給付調整期間

「実績準拠法」の基準ケースにおける給付調整期間。所得代替率52%に到達するのは2032年度である。これを基準とするとき、2005年度以降、人口が高位推計で動けばどうなるか。この場合は、最終の所得代替率 …

no image

退職金がわが国の企業年金の給付原資であることが多い

わが国の企業年金の給付原資は退職金であることが多い。しかし、今後の企業年金のあり方を考えるうえでは、税制優遇を受けながら被用者の老後所得保障の柱の1つとしての役割を担っていくという意味において、企業年 …

no image

年金の給付減額などについて

給付減額については、もともと、基本的には認めるべきでないという意見がある一方、労使合意で容易に減額できるようにすべきとの意見がある。国会での籍議のなかでも、どちらかといえば前者に近い立場からの質問など …