スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

体脂肪が少ないモデルに対する見方

投稿日:

シェイプフィットネスといった雑誌に登場するフィットネス・モデルは、実はファッション・モデルよりさらに体脂肪が少ない場合が多い。トライアスロンやマラソンの女子選手になると、体脂肪が少なすぎて無月経ー拒食症患者に起こることで知られる症状を患うこともあるほどだ。それでも、アスリートを悪く言う人はいない。ファッション・ヴィクティムのおかしなところは、痩せている人がなぜ痩せているのかにこだわである。

私たちは、チェーン・スモーカーのモデルや、メルバ・トーストと卵白しか口にしていないのでは、と思わせるモデルなどは軽蔑する。だが、痩せていても明らかにワークアウトしている人には、厳しい批判を浴びせることはない。雑誌類が元気になる健康になるプランといったワークアウトを頻繁に組むのは、そう言ったほうがスキニーになるよりもずっと現実味があるからだ。コートニー・コックスが女優でなくて世界クラスのマラソン選手だったら、みんな、肪骨が見えるかどうか気にしたりするだろうか?

すさまじいワークアウト・スケジュール

ジャネット・ジャクソンは、大抵の医者がやりすぎだと言うすさまじいワークアウト・スケジュールをこなしているのに、よいお手本とみなされていた。みんな、彼女のようなお腹になりたいと思っているわけだ。アマチュアのボディビル大会によく出ているというある人。筋肉隆々であちこち血管が浮き出ている、一見男のような女たちが登場するショーの類ではなく、もっと普通のコンテストである。彼女を見て不健康だと思う人はいないだろう。まさに健康そのもの。

助骨の代わりに六つに割れた腹筋がのぞき、ひょろ長くて肉っけのない腕の代わりにたくましい力こぶが見える。そして、そんな肉体を外科用手袋のようにびっちりと包み込む皮膚。けれど、大会直前の一カ月のメニューを聞いて、思わず倒れそうになった。これが野心的なファッション・モデルのダイエット・メニューだったなら、友人たちがこの人を精神科に引っ張っていったことだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …

no image

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は、当然、騙された気分になった。ローパー社がアメリカの消費者を対象に行った調査では、「アメリカ製」のラベルを好ましいものと考えている人が九五%を占めることがわか …

no image

リーバイスの工場の閉鎖

レイオフされた労働者たちは、互いの話に耳を傾けながら、元雇用主に対して行動を起こそうと計画を練った。マタとビオラ・カサレスが共同でコーディネーターを務めるこの団体には、初年度にして七〇〇人の会員が集ま …

no image

ガリ痩せモデルの毎日の体重へのプレッシャー

モデルには、痩せたままでいなければならないというプレッシャーはあるのだろうか?もちろんだ。フットボール選手なら強さを、科学者なら頭の冴えを、アーティストなら感覚の鋭さを、それぞれ持続しなければならない …

no image

リーバイス製品を見るととても誇らしく思った

問題の根底にあるのは、アメリカ・メキシコ・カナダ間で関税や輸出入量の割当を段階的に廃止していく北米自由貿易協定(NAFTA)のような自由貿易協定である。一九九九年の『ネーション』誌の記事によれば、アメ …