スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

S字やクランクは難しいがポイントを覚えておけば何とかなる

投稿日:

S字やクランクでは、マシンの操安性やエンジンの性格、ハンドルの形状、ライディングポジション、そして1速の総減速比によって、やさしくも難しくもなる。しかも、手前約5mで一時停止し、10秒以上の時間をかけて通過しなければならない(大型二輪の場合)。ベテランライダーでも、クラッチ、Fブレーキレバーとも4本指で行うとなると、かなり難しい。

ギヤは1速か、マシンによっては2速でもよい。前輪に抵抗がかかるように、アクセルをやや開け、加速気味(実際には加速しない)で通過すると安定がよく、前輪の方向性が乱れることもない。ひじや肩に力を入れすぎると、ビッチングによってアクセルが開閉してスピードが一定でなくなり、前輪が大きく振られてしまうこともあるので、注意することだ。

車体をニーグリップしながらひざの力を抜くなどというのは、難しいと考えがちだが、そんなことはない。波状路のショックは、前後輪バラバラに、連続的に起こるので、ライダーはホイールベースの中央に位置し(これはなかなか難しい)、前後のビッチング(上下動)をスムースに逃がすことに専念すればよい。

多少半クラッチで進行する

前輪が台に上がったら、アクセルを戻し、情性で後輪を台の上にのせる。後輪が上がるまでアクセルを開けていると、スピードオーバーになってしまうから要注意だ。Rブレーキペタルに足をのせ、軽く効かせながらアクセルオンで走行し、エンストしないように多少半クラッチで進行する。

実際の街乗りでは、クラッチレバーを2本の指で操作し、Fブレーキを人さし指1本でなめしながら行えば、それほど難しくはない。1本橋が難しいといわれるのは、1速でスタートし、台に上がった瞬間に振られたり、スピードオーバーでブレーキングして振られることが原因であり、この2点をなくすことが先決である。

ニーグリップはもちろん効かせなければならないが、体全体がガチガチになるほど力を入れると、かえってバランスがとりにくくなってしまう。上半身はなるべくリラックスさせ、バランスが崩れたら、アクセルオンと同時に、崩れかけた方向に体重を持っていくようにするとよい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

バイクのシフトダウンのコツ

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、こ …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …