スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

S字コーナーのラインどりについて

投稿日:

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやラインどりも決まってくる。

S字コーナーでは、入口にあたる1つめのコーナーを速く回るよりも、出口にあたる2つめのコーナーで、いかにスムースに、速く立ち上がるかが重要である。これには、ラインどりと、車体を切り返すポイントが問題になってくる。

ギヤの選択も、2つめのコーナーで、スムースに速く立ち上がることを考えた上で行うべきである。車体を瞬時のタイミングでヒラリと切り返すには、かなりのテクニックが必要である。また、マシンのハンドリング特性によっても、切り返しが軽かったり重かったりするし、装着しているタイヤによっても変わってくる。

スムーズな切り返しを行うべきである

切り返すタイミングは、一瞬アクセルをオフにして行ったり、最初から2つめの寝かし込みを想定したフォームをとったりして、きっかけをつくることも大切である。ハイスピードにおける瞬時の切り返しは、前輪タイヤのグリッフが一瞬失われるので、切り返しを行う際は、グリップのよい場所を選ぶ必要がある。特に雨天では、切り返した瞬間に前輪がすくわれて転倒するケースがあるので、スピードを押さえた上で、スムーズな切り返しを行うべきである。

教習所で練習するスラロームは、切り返しの一種である。低速時は、リーンアウトを利用して、マシンだけをヒラリヒラリと切り返すのが有効であり、スピードが速くなるにしたがって、人・車・体の切り返しを行う必要がある。

S字コーナーで難しいのは、1つめと2つめのコーナーが近く。しかも2つめのRが小さい場合である。このようなS字コーナーは、減速しながら切り返しを行う必要があり、最もテクニックを要するものといえる。これが下り坂であれば、さらに難しくなるのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上 …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …