スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

S字コーナーのラインどりについて

投稿日:

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやラインどりも決まってくる。

S字コーナーでは、入口にあたる1つめのコーナーを速く回るよりも、出口にあたる2つめのコーナーで、いかにスムースに、速く立ち上がるかが重要である。これには、ラインどりと、車体を切り返すポイントが問題になってくる。

ギヤの選択も、2つめのコーナーで、スムースに速く立ち上がることを考えた上で行うべきである。車体を瞬時のタイミングでヒラリと切り返すには、かなりのテクニックが必要である。また、マシンのハンドリング特性によっても、切り返しが軽かったり重かったりするし、装着しているタイヤによっても変わってくる。

スムーズな切り返しを行うべきである

切り返すタイミングは、一瞬アクセルをオフにして行ったり、最初から2つめの寝かし込みを想定したフォームをとったりして、きっかけをつくることも大切である。ハイスピードにおける瞬時の切り返しは、前輪タイヤのグリッフが一瞬失われるので、切り返しを行う際は、グリップのよい場所を選ぶ必要がある。特に雨天では、切り返した瞬間に前輪がすくわれて転倒するケースがあるので、スピードを押さえた上で、スムーズな切り返しを行うべきである。

教習所で練習するスラロームは、切り返しの一種である。低速時は、リーンアウトを利用して、マシンだけをヒラリヒラリと切り返すのが有効であり、スピードが速くなるにしたがって、人・車・体の切り返しを行う必要がある。

S字コーナーで難しいのは、1つめと2つめのコーナーが近く。しかも2つめのRが小さい場合である。このようなS字コーナーは、減速しながら切り返しを行う必要があり、最もテクニックを要するものといえる。これが下り坂であれば、さらに難しくなるのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

コーナーの最速ライン

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、セン …

no image

バイク用レインウェアのワンピースタイプ

レインウェアのワンピースタイプは、高速走行の場合や、脱いだり着たりすることが少ないケースには向いているが、運動性はそれほどよくないものが多い。耐久性にやや難があるが4〜5年は使用できる。価格も手ごろだ …