バイク

S字コーナーのラインどりについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやラインどりも決まってくる。

S字コーナーでは、入口にあたる1つめのコーナーを速く回るよりも、出口にあたる2つめのコーナーで、いかにスムースに、速く立ち上がるかが重要である。これには、ラインどりと、車体を切り返すポイントが問題になってくる。

ギヤの選択も、2つめのコーナーで、スムースに速く立ち上がることを考えた上で行うべきである。車体を瞬時のタイミングでヒラリと切り返すには、かなりのテクニックが必要である。また、マシンのハンドリング特性によっても、切り返しが軽かったり重かったりするし、装着しているタイヤによっても変わってくる。

スムーズな切り返しを行うべきである

切り返すタイミングは、一瞬アクセルをオフにして行ったり、最初から2つめの寝かし込みを想定したフォームをとったりして、きっかけをつくることも大切である。ハイスピードにおける瞬時の切り返しは、前輪タイヤのグリッフが一瞬失われるので、切り返しを行う際は、グリップのよい場所を選ぶ必要がある。特に雨天では、切り返した瞬間に前輪がすくわれて転倒するケースがあるので、スピードを押さえた上で、スムーズな切り返しを行うべきである。

教習所で練習するスラロームは、切り返しの一種である。低速時は、リーンアウトを利用して、マシンだけをヒラリヒラリと切り返すのが有効であり、スピードが速くなるにしたがって、人・車・体の切り返しを行う必要がある。

S字コーナーで難しいのは、1つめと2つめのコーナーが近く。しかも2つめのRが小さい場合である。このようなS字コーナーは、減速しながら切り返しを行う必要があり、最もテクニックを要するものといえる。これが下り坂であれば、さらに難しくなるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加