スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

周回コース・幹線コースの走り方など

投稿日:

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カーブでのスピード調整は、エンジンブレーキー→前後ブレーキ(シフトダウンを伴う)の順に行い、バンクに入る前に動作を完「させておく。

指定速度まで速やかに加速し、スピードメーターで速度を確認する。スピードオーバーは絶対にしないこと。キープレフトを守ること。車線が2つ以上ある場合は、最も左の第1通行帯の、左端から1mぐらいのところを走行し、車線がない場合は、コースの端から1mぐらいのところを走る。

カーブでのスピードは、速すぎず遅すぎずで、一定のバンク角を保ち、加速しながら立ち上がっていく。他の試験車に追従した場合は、スムースな減速と安全な車間距離を保つようにする。

前方の試験車の動作に惑わされず、自分が正しいと思った運転をすること。フォームに注意し、つねにニーグリップを心がける。レバーの操作は4本指で行うこと。試験場のような狭いコースでも、交通の流れはあるもので、その流れにいかに上手に乗るかが、合否のポイントになる。

Uターンのしかた

Uターンでは、180度向きを変えればよいわけで、右足をついてハンドルを右いっぱいに切り、パワーオンで半クラッチを使用すればよいのだが、ビギナーや女性の場合は、これが意外に難しい。エンストさせると、べテランでも転倒してしまうので、まずこれに注意し、視線は真下だけでなく、トレースする路面を見ることが大切だ。パワーオンで後輪にトルクを与えることも、上手に回るコツである。なお、上り坂でのUターンは極力避けることである。

Uターンは実用頻度が高いので、しっかりと練習しておきたい。マシンの最小回転半径(ハンドルを左右いっぱいに切り、そのマシンが最も小回りできる半径)を知ることは、取り回しが上達する最上の方法だ。練習では、まずハンドルを右(左)いつはいに切り、1速半クラッチで足をつかずに円を描くようにする。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …