スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

周回コース・幹線コースの走り方など

投稿日:

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カーブでのスピード調整は、エンジンブレーキー→前後ブレーキ(シフトダウンを伴う)の順に行い、バンクに入る前に動作を完「させておく。

指定速度まで速やかに加速し、スピードメーターで速度を確認する。スピードオーバーは絶対にしないこと。キープレフトを守ること。車線が2つ以上ある場合は、最も左の第1通行帯の、左端から1mぐらいのところを走行し、車線がない場合は、コースの端から1mぐらいのところを走る。

カーブでのスピードは、速すぎず遅すぎずで、一定のバンク角を保ち、加速しながら立ち上がっていく。他の試験車に追従した場合は、スムースな減速と安全な車間距離を保つようにする。

前方の試験車の動作に惑わされず、自分が正しいと思った運転をすること。フォームに注意し、つねにニーグリップを心がける。レバーの操作は4本指で行うこと。試験場のような狭いコースでも、交通の流れはあるもので、その流れにいかに上手に乗るかが、合否のポイントになる。

Uターンのしかた

Uターンでは、180度向きを変えればよいわけで、右足をついてハンドルを右いっぱいに切り、パワーオンで半クラッチを使用すればよいのだが、ビギナーや女性の場合は、これが意外に難しい。エンストさせると、べテランでも転倒してしまうので、まずこれに注意し、視線は真下だけでなく、トレースする路面を見ることが大切だ。パワーオンで後輪にトルクを与えることも、上手に回るコツである。なお、上り坂でのUターンは極力避けることである。

Uターンは実用頻度が高いので、しっかりと練習しておきたい。マシンの最小回転半径(ハンドルを左右いっぱいに切り、そのマシンが最も小回りできる半径)を知ることは、取り回しが上達する最上の方法だ。練習では、まずハンドルを右(左)いつはいに切り、1速半クラッチで足をつかずに円を描くようにする。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …