スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

周回コース・幹線コースの走り方など

投稿日:

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カーブでのスピード調整は、エンジンブレーキー→前後ブレーキ(シフトダウンを伴う)の順に行い、バンクに入る前に動作を完「させておく。

指定速度まで速やかに加速し、スピードメーターで速度を確認する。スピードオーバーは絶対にしないこと。キープレフトを守ること。車線が2つ以上ある場合は、最も左の第1通行帯の、左端から1mぐらいのところを走行し、車線がない場合は、コースの端から1mぐらいのところを走る。

カーブでのスピードは、速すぎず遅すぎずで、一定のバンク角を保ち、加速しながら立ち上がっていく。他の試験車に追従した場合は、スムースな減速と安全な車間距離を保つようにする。

前方の試験車の動作に惑わされず、自分が正しいと思った運転をすること。フォームに注意し、つねにニーグリップを心がける。レバーの操作は4本指で行うこと。試験場のような狭いコースでも、交通の流れはあるもので、その流れにいかに上手に乗るかが、合否のポイントになる。

Uターンのしかた

Uターンでは、180度向きを変えればよいわけで、右足をついてハンドルを右いっぱいに切り、パワーオンで半クラッチを使用すればよいのだが、ビギナーや女性の場合は、これが意外に難しい。エンストさせると、べテランでも転倒してしまうので、まずこれに注意し、視線は真下だけでなく、トレースする路面を見ることが大切だ。パワーオンで後輪にトルクを与えることも、上手に回るコツである。なお、上り坂でのUターンは極力避けることである。

Uターンは実用頻度が高いので、しっかりと練習しておきたい。マシンの最小回転半径(ハンドルを左右いっぱいに切り、そのマシンが最も小回りできる半径)を知ることは、取り回しが上達する最上の方法だ。練習では、まずハンドルを右(左)いつはいに切り、1速半クラッチで足をつかずに円を描くようにする。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでエアブレーキを使うテクニック

エアブレーキは、前後のシステムブレーキ、エンジンブレーキに次ぐ第3のブレーキとして認識されている。つまり、空気抵抗によるブレーキだ。トラックなどの大型車のブレーキに「エアブレーキ」というブレーキがある …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

バイク用レインウェアのワンピースタイプ

レインウェアのワンピースタイプは、高速走行の場合や、脱いだり着たりすることが少ないケースには向いているが、運動性はそれほどよくないものが多い。耐久性にやや難があるが4〜5年は使用できる。価格も手ごろだ …

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …