スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

趣味と結婚の問題

投稿日:

彼に女装趣味があります。結婚を考えていますが大丈夫でしょうか?彼のマンションで結ばれました。それからは週末はいつも彼のところで過ごすようになりました。1年ほど前から同じ部署のエンジニアと交際しています。今年の2月にプロポーズされ、一応、結婚はふたりの間では了解事項となっています。

ふだんはごくごくふつうの男性です。私も彼のその女装趣味さえなければ何の不満もありません。ただ、この問題を解決しなければ、彼を両親に紹介することもできません。どうしたらよいでしょうか?

初めて彼の秘密を知ってしまったのです。それは女装です。どこで手に入れたのか知りませんが、ブラウスにフレアーのスカートをうれしそうに身につけるのです。それもけっこうマジっぽく。

これについては、女は、好きで好きでたまらない男と結婚すべきだ。女があまり乗り気でないのに、男が好だ好きだと押しまくって結婚した場合、男というものは一般的に、結婚したとたん釣ったサはやらないケースが多く、女としては好きだ好きだというから結婚してやったのによ、ほったらかしじゃない、となり、もともとそれほど好きな男でもない。

かえって、女のほうが一方的に好きで押し切って結婚した場合、男のほうは最初かいのだから、結婚後も、優しくなくてももともと、という気分で、女は好きないられるだけでも幸福と、結婚生活を維持できるということもあるということを覚えておこう。

サッカー一筋の男性

夢とか、趣味とか、彼の交友関係。それらのうちひとつを取り出し、あたしとどっちが大切?と選択を迫ることは、破局の一因となります。あたしとの結婚のためにサッカーを捨ててセールスマンになってと彼にもう一度無理強いすることは、破談にも発展しかねません。男には、女に絶対口出ししてほしくない領域が存在するのです。

サッカー一筋の男性に、いまさら転職を勧めても難しい。彼を受け入れてくれる業種(あなたの思い描くような安定した高収入を与えてくれる)がはたしてあるでしょうか。彼自身そのことをわかっているのではないでしょうか。

なんであんな男のためにあたしが身を粉にして働かなくちゃいけないのと思うようでは、それは本当の愛ではないのではないでしょう。もしあなたがそう感じるのなら、この結婚はやめたほうが得策でしょう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

笑いの力で女性をデートに誘う

意中の女性の信用を得ようとして、いかにも誠実な誘い方をする男がいる。「ずうっと、あなたのことだけを考えていました」「心から大切にします。だから、ボクにチャンスをください」だが、こういうアプローチがうま …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …

no image

いつも颯爽としている彼が元気がない

彼は40歳の課長です。とても仕事のできる人で、清潔感もあり、いつもさっそうとしています、と語るある女性。なにごとにも消極的で、口数も少なくなってしまいました。私としては、なんとか彼を励まして、また元の …

no image

彼氏に捨てられてしまった自分を想像してみると

彼に退屈したら、彼に捨てられてしまった自分を想像してみましょう。そして、他の男性の誰にも振り向いてもらえない。そうすれば、退屈なんてしてられない。もし、明日、彼が消えてしまったら~と考えるだけで彼と会 …

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …