スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

趣味と結婚の問題

投稿日:

彼に女装趣味があります。結婚を考えていますが大丈夫でしょうか?彼のマンションで結ばれました。それからは週末はいつも彼のところで過ごすようになりました。1年ほど前から同じ部署のエンジニアと交際しています。今年の2月にプロポーズされ、一応、結婚はふたりの間では了解事項となっています。

ふだんはごくごくふつうの男性です。私も彼のその女装趣味さえなければ何の不満もありません。ただ、この問題を解決しなければ、彼を両親に紹介することもできません。どうしたらよいでしょうか?

初めて彼の秘密を知ってしまったのです。それは女装です。どこで手に入れたのか知りませんが、ブラウスにフレアーのスカートをうれしそうに身につけるのです。それもけっこうマジっぽく。

これについては、女は、好きで好きでたまらない男と結婚すべきだ。女があまり乗り気でないのに、男が好だ好きだと押しまくって結婚した場合、男というものは一般的に、結婚したとたん釣ったサはやらないケースが多く、女としては好きだ好きだというから結婚してやったのによ、ほったらかしじゃない、となり、もともとそれほど好きな男でもない。

かえって、女のほうが一方的に好きで押し切って結婚した場合、男のほうは最初かいのだから、結婚後も、優しくなくてももともと、という気分で、女は好きないられるだけでも幸福と、結婚生活を維持できるということもあるということを覚えておこう。

サッカー一筋の男性

夢とか、趣味とか、彼の交友関係。それらのうちひとつを取り出し、あたしとどっちが大切?と選択を迫ることは、破局の一因となります。あたしとの結婚のためにサッカーを捨ててセールスマンになってと彼にもう一度無理強いすることは、破談にも発展しかねません。男には、女に絶対口出ししてほしくない領域が存在するのです。

サッカー一筋の男性に、いまさら転職を勧めても難しい。彼を受け入れてくれる業種(あなたの思い描くような安定した高収入を与えてくれる)がはたしてあるでしょうか。彼自身そのことをわかっているのではないでしょうか。

なんであんな男のためにあたしが身を粉にして働かなくちゃいけないのと思うようでは、それは本当の愛ではないのではないでしょう。もしあなたがそう感じるのなら、この結婚はやめたほうが得策でしょう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

うぬぼれた男と自信がない男、女が嫌いなのはどっちだろうか?

女は、男とは明らかに違う動物。「根拠もなく自信満々な男は嫌いだけど、自信がない男は、もっと話にならない」一人のうち九人の女性は、そう口をそろえる。だから、「あのう、僕じゃダメですかね」とか「僕は何の取 …

no image

女性の外見のコンプレックスを癒す役を演じる

ひと昔前ならば、顔、スタイル、肌の美醜は、生まれつきのものと考えられていて、それらの美にめぐまれない女性は、一種のアキラメをもっていたものだ。ところが、「金をかければかけるほど効果も上がる」という美容 …

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …

no image

片思いは恋かという疑問

片思いは、恋か、という疑問があります。片思いは、恋です。逆に、一方的に異性から思いをかけられることは、恋でも何でもありません。好きでも何でもない相手から一方的に愛情を注がれても、その人の内部では何の心 …