哲学入門

主観と客観との対立を括弧にいれて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主観と客観との対立を括弧にいれて、概念自体とか命題自体というものがあって、それが意識のうちに現われるという思想は、現象学の先駆者(例えば、ボルッァーノ)のうちに成立していたが、インドでは仏教の説一切有部の哲学や、バルトリハリの哲学のうちに認められるところである。しかしニャーヤ学派は認識主観という実在する原理を想起していたから、現象学とは区別して考えられるべきである。

意識そのものは形相(akara)をもっていないが、意識の本質は意識自体とは異なる対象を現わし出すことである。その本質は対象を現わし出すことである。それは、外界の対象から切りはなされた意識の世界のうちに現出された諸対象のduplicate(複写)またはrephca(模写)ではない。意識自体とは異なる対象を現わし出すというと、読者は「現象学」を想起されるであろう。

ニヤーヤ学派の意識論もむしろ最近代のイギリスの哲学と共通の主張をもっていると言われている。ムーア(GEMoore)によると、例えば緑の感覚という意識作用は、赤の感覚という意識作用と相違していない。両者を互いに区別することはできない。ただ感覚する対象が異なっているために、この二つの意識作用を区別することができるのである。

ヴァイシェーシカ哲学においては

ヴァイシェーシカ哲学においては、アートマンは実体(dravya)の一つである。『ニヤーヤ・スートラ』のうちにはアートマンが実体(dravya)であると明言している個所はないが、アートマンの種々なる属性(guna)に言及し、またそれらがアートマンに内属(sanavaya)していることを、しばしば説いているから、やはりこのスートラ自身がアートマンを実体とみなしていたのだと解することができる。

意識している対象を離れて意識をそれ自体として把捉しようとすると、意識はまったく空虚なものとなる。しかしムーアが意識は対象とはならぬということを強調するのに、ニヤーヤ学派は意識をアートマンの性質(guna)と見なして、それを対象的なものとして把捉する。意識を対象として、意識を意識するということを、ニャーヤ学派ではanuvyavasayaという。これはイギリスの哲学者レアド(JohnLaird)によって問題とされたことであるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加