スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

消費者は困った立場に立たされている

投稿日:

一九九六年の調査では、アメリカの部品や労働力を五〇%使用していれば「アメリカ製」だと考えるべきだと答えた消費者は一四%にすぎなかったのだから。自分たちの服がどこから来るのかにっいては、まだまだ学ばなければいけないことがたくさんある。サイパンの訴訟事件がきっかけとなって、大勢の消費者がその事実に気づいたのだった。

ラベルに示された国の名前は、服がいい(悪い)労働条件下で作られていることを示すしるしだと言う人もいる。「私は、そのプランドの母国で作られた服を買うの。特に欧米の場合はね。だって、欧米諸国では労働法が確立されているし、きちんと守られていることがわかってるでしょ」。こう語るのは、ロンドン在住の二九歳のライター、ロクサーヌだ。そして、消費者がアメリカ製品の定義に疑いを持っていないことは明らかである。

消費者は困った立場に立たされている。スウェットショップのおかげで日々かなりの恩恵(安い服)が享受できてありがたいという本音と、スウェットショップには一応反対だという建前の間で身を引き裂かれる思いなのである。

スウェットショップの存在を支持するのは

今日、スウェットショップの存在を支持するのは、動物実験を賞賛するのと同じことだ。その恩恵にはみんな密かに感謝しているはずなのに(スウェットショップのおかげで、汗水流して稼いだお金をあまり使わずに済むし、動物実験のおかげで人体実験の試行錯誤を繰り返さずに済む)、それらを公然と支持するような不敵な人はまずいない。

私たちにはこんなにたくさんの服など必要ない。ただ、必要だと思い込まされているだけなのだ。ファッション・ヴィクティムは、労働者が擁取されているのは忍び難いことだと思っている。それでもやはり、安い服は大好き。シャツ一枚を縫ってもスズメの涙ほどしかもらえない労働者にそれなりの哀れみは感じるが、なかなか行動を起こすまでには至らないのだ。大手小売店のスウェットショップ・スキャンダルにはかぶりを振るけれど、その店をボイコットするわけではない。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

小売業界に人脈がありますしね

彼らは利益の半分を取りますが、そっくりそのまま請負業者に渡したりはしませんから、然るべきところにお金が回らないわけですとロドリゲス。小売業者は、何年も前に工場をたたんだ人々と関係を結んでいる。でも、ジ …

no image

ファッション・アイドルに祭り上げてきた

最近、あんまり笑えないジョークがあるのよ。コートニー・コックスやジェニファー・アニストンの体重で何クール目かわかるっていうの。絶対に二クール目だわ。しかし、スキニーなセレブを頑として認めない。私たちは …

no image

体脂肪が少ないモデルに対する見方

シェイプフィットネスといった雑誌に登場するフィットネス・モデルは、実はファッション・モデルよりさらに体脂肪が少ない場合が多い。トライアスロンやマラソンの女子選手になると、体脂肪が少なすぎて無月経ー拒食 …

no image

工場の閉鎖、解雇-製造拠点がコスタ・リカに移された

マタと同僚たちは、不審に思いながら、丸テーブルについてじっと待っていた。やがてドアが勢いよく開くと、リーバイスが雇ったケースワーカーが列を成してずんずん入ってきて、各人に包みを渡したー工場が閉鎖される …

no image

ウォルマートで展開するアパレル・ブランド

スウェットショップ・スキャンダル。平日の朝九時から始まる一時間番組レジス・アンド・キャシー・リーショー。ホスト役のひとりであるキャシー・リー・ギフォードが、毎朝、フルーツループの甘み程度では物足りない …