スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

障害給付金とは?

投稿日:2015年5月24日 更新日:

障害給付金は、ある傷病について初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)において加入者であった者であって、初診日から1年6月を経過した日(1年6月を経過する前に傷病が治ったり症状が固定したりした日があれば、その日)から、老齢給付金の支給開始年齢までの間に、その傷病により(確定給付企業年金法第43条第1項第1号)、または、その傷病による障害と他の障害とをあわせて(確定給付企業年金法第43条第1項第2号)、障害給付金の対象となる程度の障害の状態に該当するに至った者に支給することができる。

法令上特別に規定された特殊な例ではあるが、わが国でも、死亡や障害を支給理由とする年金給付を行っている厚生年金基金がある。企業の労使によっては、国際的にできるだけ共通の企業年金の給付を行いたいとするニーズが高まっていくことも、考えられるようになってきた。こうしたことをふまえ、確定給付企業年金においては、企業の労使の選択により、遺族に対する年金たる給付や障害給付金を行うことができるようになっている。

年金の現価および一時金の額

障害給付金は、年金として支給することとしてもよいし、一時金として支給することとしてもよい(確定給付企業年金法第44条)。障害給付金の額には、上限が定められている。具体的には、老齢給付金の受給権者となった者が同時に障害給付金の受給権者となったときに支給する障害給付金の年金の現価および一時金の額が、年金として支給する老齢給付金の現価を上回ってはならない(令第23条第1項第3号)。

障害給付金の対象となる障害の程度は、厚生年金の1級、2級および3級の障害等級の範囲内で(確定給付企業年金法第43第2項、令第31条)、規約で定めることとなっている(確定給付企業年金法第43条第1項)。規約の定め方は厚生年金の1級とか2級とかいった定め方でもよいし、具体的な障害の程度でもよいだろう。企業によって、就業にとってマイナスとなる障害の内容は多様であるから、そうした企業の実態に応じて柔軟な定めをすることができる。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

老齢給付金の支給要件などについて

確定給付企業年金の老齢給付金は(年金ではなく)一時金として支給するといった旨を規約で定めることはできない。一時金として受給することができるのは、年金給付としての老齢給付金に保証期間(受給権者の生死にか …

no image

国民年金の保険料免除制度について

所得が所定の水準以下であることが認められた者は、国民年金保険料の支払いが免除され、基礎年金額の1/3、すなわち国庫負担分を受給する権利を保障することとした。これが保険料免除制度である。 国民年金には、 …

no image

相続税とかかわりのあった死亡者

相続税とかかわりのあった死亡者(被相続人)は48,463人であり、この人数は2000年度における全死亡者961,637人のわずか5%にすぎない。すなわち、当該年度における全死亡者の95%、およびその家 …

no image

年金の大量脱退による一時金給付の発生など

大量の脱退に伴う大量の一時金給付の発生など、財政運営の困難につながりかねない予測不可能な事態が生じる蓋然性が高まることにもなってしまう。こうした選択の問題は、保険の仕組みを活用していることに由来してい …

no image

適格退職年金や確定拠出年金などについて

適格退職年金や確定拠出年金において、年金は、(終身は別として)5年以上にわたり支給するものとなっている。各給付の支給要件(どのような状態になったときに支給するかとか、その際どのような条件を満たしている …