スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

職場の不倫カップル

投稿日:

職場の不倫カップルとなれば、大変きわまることであろう。よく聞く話だが、妻子持ち上司と部下の女子社員カップル。それが社内でバレ、オフィス内の均衡は崩れ(男子社員も、上司の女となれば、むげに怒鳴れなくなる)、そして、女が離婚をせっつくものの、男ははっきりせず、女は精神に支障をきたし、あげくに退社。こうなると、もう、グシャグシャである。

不倫三原則の守れないOLが男女雇用機会均等法をふみにじっている。たとえば、男女数名ずつの仲の良いグループの中で、一組のカップルができてしまうと、それだけでバランスが崩れ、ぎこちない、妙な空気になってしまうことがある。

やはり、レストランに行けば、その二人を並べて巫らせなきゃいけないだろうかとか、ちらか一人だけ誘うのはマズイだろうかとか。

優しい夫がどんどん増えてきている

近頃は、優しい夫がどんどん増えてきている。そして、彼らは一様に、妻の趣味に合わせる。男は、とたんに服装が変わることがある。女が、自分の趣味を男に押しつけるからだ。ところが、男が変わるたびに服の趣味が変わる女というものは、ほとんどいない。

知り合いの男性編集者三名と、六本木で飲んでいた時のこと。そのうちの一番若い編集者が席を立った。きっと、奥様に電話ですよと言ったところ、残り二人の男性は、そんな馬鹿なと笑いとばした。

彼が戻ってきたので、どういう電話だったのかと聞くと、明日の朝、ゴミ袋を外に出すのを忘れないようにと、妻に言われましたと、真顔で答えた。聞くところによると、彼は、結婚する時、妻の趣味に合わせて、長年なじんでいた空手を捨てて、テニスに移ったという。二人で一緒にできるスポーツをと、妻に要請されたからだ。

もし、そんな男がいなければ、それでもかまわない。気にいらない男と一緒に居るよりは、一人の方がましだと考えるからだ。この、最近の女性の、一人でもいいわという強さが、逆に、妙に男を優しく、迎合的にさせているのだろうか。

男がミニスカートをはいてくれと懇願しても、そんなのあたしの趣味じゃないわと、てんでとりあわない。そして、そんな男とはさっさと手を切る。それから、自分の趣味にかなった男を探しにゆく。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

デートはお金かけるだけが芸ではない

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこ …

no image

結婚しているのに恋心を抱いてしまう

結婚しているのにちっとも落ち着きがなく、すぐに恋心を抱いてしまう、とある人は語る。彼とともに青春を過ごし、結婚したくてしたくてたまらない人と一緒になった私ですが、じつはプロポーズされたときはすでに心は …

no image

ミステリアスな人はモテる

心理学者のバーリン博士は、女性心理を研究しつくしたうえで「男性が女性に好かれるための三つの要素」を発見した。バーリン博士が「美的モデル」と名づける男性は、以下の「三要素」をそなえた男性である。複雑さ( …

no image

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良い …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …