スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

投稿日:2019年9月20日 更新日:

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工場ですよ」。マサチューセッッ工科大学の助教授、ダラ・オルーク博士が言う。

「確かに、今でもアメリカにはそんなスウェットショップがたくさんあります。労働者が鮮詰めになってるような、本当にひどい状態の工場がね。でも、二一世紀型スウェットショップと言って皆さんが思い浮かべるような工場にも、同じくらい、いえ、もっとひどい環境のものはあると思いますよ。アジア諸国、特にベトナムゃ中国に近年新しく建てられた工場は、非常に近代的かつ清潔で、照明もきちんとしています。何でも揃っていて、一見何の問題もないように見えるんです」だが、それは幻想に過ぎない。

LAのダウンタウンのアパレル工場地区は

「工場は二つの階にまたがっているのに、共同トイレがひとつだけ。大昔、そのビルにひと握りのオフィス・ワーカーしかいなかった頃なら、きっとそれで間に合ったことでしょう。でも、その時にはトイレは詰まっていて汚物が溢れている状態でした。LAの工場がみんなそこまで悲惨だとは言いませんが、かなりひどい所が多いですね」。
専門は環境政策で、スウェットショップとグローバルなアパレル製造労働に関してはトップ・クラスの専門家だ。

「LAのダウンタウンのアパレル工場地区は、築七五年のオフィス・ビルばかり。それが蜂の巣のように分割されて、それぞれ二五人にも満たない労働者が働くちっぽけな場が並んでいるわけです。そういう工場群は陰気で汚くて、狭い所に人が大勢押し込まれている。配線は剥き出しだし、出口は塞がれているし、トイレ設備も満足にないような有様ですよ」。初めて労働者にインタビューすることになったダウンタウンのビルでは、エレベーター内の照明が切れていて真っ暗だったという。六階で降りると「ディケンズに出てきそうな」六つの作業場があり、各々が別の企業向けの業務を行っていた。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

痩せすぎ女優を表現するのに使われた言葉

虚弱そうな、やつれた感じレールみたいに細い骨と皮骨が浮き出て見えるほどスキニー棒のように細い姿危ないくらいに病的ファッション・ページの紙よりも厚みのない姿マドラーみたいな姿気持ち悪いほど骨ばっている。 …

no image

救いの手を差し伸べてくるファッションという存在

自分の体について、嫌というほど意識させておいて、救いの手を差し伸べてくるファッションという存在。二〇〇一年一月、リー・クーパーはパック・イット・ジーンズ復刻版を売り出した。もともと一九七〇年代に作られ …

no image

組合の作った服は大多数の消費者にとって

自分は騙されてるんじゃないか。ただファッションの権威者の名前が貼り付けられているというだけで、デザイナー・グッズに余計にお金を支払っているんじゃないか。そんな疑問を密かに抱いたことはないだろうか? 組 …

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …