スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

投稿日:2019年9月20日 更新日:

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工場ですよ」。マサチューセッッ工科大学の助教授、ダラ・オルーク博士が言う。

「確かに、今でもアメリカにはそんなスウェットショップがたくさんあります。労働者が鮮詰めになってるような、本当にひどい状態の工場がね。でも、二一世紀型スウェットショップと言って皆さんが思い浮かべるような工場にも、同じくらい、いえ、もっとひどい環境のものはあると思いますよ。アジア諸国、特にベトナムゃ中国に近年新しく建てられた工場は、非常に近代的かつ清潔で、照明もきちんとしています。何でも揃っていて、一見何の問題もないように見えるんです」だが、それは幻想に過ぎない。

LAのダウンタウンのアパレル工場地区は

「工場は二つの階にまたがっているのに、共同トイレがひとつだけ。大昔、そのビルにひと握りのオフィス・ワーカーしかいなかった頃なら、きっとそれで間に合ったことでしょう。でも、その時にはトイレは詰まっていて汚物が溢れている状態でした。LAの工場がみんなそこまで悲惨だとは言いませんが、かなりひどい所が多いですね」。
専門は環境政策で、スウェットショップとグローバルなアパレル製造労働に関してはトップ・クラスの専門家だ。

「LAのダウンタウンのアパレル工場地区は、築七五年のオフィス・ビルばかり。それが蜂の巣のように分割されて、それぞれ二五人にも満たない労働者が働くちっぽけな場が並んでいるわけです。そういう工場群は陰気で汚くて、狭い所に人が大勢押し込まれている。配線は剥き出しだし、出口は塞がれているし、トイレ設備も満足にないような有様ですよ」。初めて労働者にインタビューすることになったダウンタウンのビルでは、エレベーター内の照明が切れていて真っ暗だったという。六階で降りると「ディケンズに出てきそうな」六つの作業場があり、各々が別の企業向けの業務を行っていた。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ドライクリーニングの環境への影響

「アーカイプス・オブ・エンパイアロンメンタル・ヘルス」誌によれば、一九九〇年代初期パーク汚染された水を飲んだマサチューセッツ住民の場合、白血病のリスクが通常の二倍から八倍、勝跳癌も四倍になったという。 …

no image

虚栄のサイズ表記が生まれた歴史

どうして性別で異なるのだろうう、既製服の登場で、婦人服は攻意的な番号システムで示されるようになりました。おそらく、実寸を他人に知られないようにしたのでしょう。ウィスコンシン州ミルウォーキーのマウント・ …

no image

ウォルマートで展開するアパレル・ブランド

スウェットショップ・スキャンダル。平日の朝九時から始まる一時間番組レジス・アンド・キャシー・リーショー。ホスト役のひとりであるキャシー・リー・ギフォードが、毎朝、フルーツループの甘み程度では物足りない …

no image

メーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうか

残念だが、あるメーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうかは、値札をめくればわかるというものではない。わざわざ労働法違反企業に関する情報をオンラインや紙面などでチェックする消費者はそうい …

no image

超スキニーなモデルを愚弄しながらダイエットに励む私たち

私たちは、たとえばリッキー・レイク、オプラ・ウィンフリー、リチャード・シモンズ、ジャレッド・フォグルといった減量成功者たちのビフォー・アンド・アフター話に拍手喝采する。フォグルは、サブウェイの野菜サン …