スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

投稿日:2019年9月20日 更新日:

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工場ですよ」。マサチューセッッ工科大学の助教授、ダラ・オルーク博士が言う。

「確かに、今でもアメリカにはそんなスウェットショップがたくさんあります。労働者が鮮詰めになってるような、本当にひどい状態の工場がね。でも、二一世紀型スウェットショップと言って皆さんが思い浮かべるような工場にも、同じくらい、いえ、もっとひどい環境のものはあると思いますよ。アジア諸国、特にベトナムゃ中国に近年新しく建てられた工場は、非常に近代的かつ清潔で、照明もきちんとしています。何でも揃っていて、一見何の問題もないように見えるんです」だが、それは幻想に過ぎない。

LAのダウンタウンのアパレル工場地区は

「工場は二つの階にまたがっているのに、共同トイレがひとつだけ。大昔、そのビルにひと握りのオフィス・ワーカーしかいなかった頃なら、きっとそれで間に合ったことでしょう。でも、その時にはトイレは詰まっていて汚物が溢れている状態でした。LAの工場がみんなそこまで悲惨だとは言いませんが、かなりひどい所が多いですね」。
専門は環境政策で、スウェットショップとグローバルなアパレル製造労働に関してはトップ・クラスの専門家だ。

「LAのダウンタウンのアパレル工場地区は、築七五年のオフィス・ビルばかり。それが蜂の巣のように分割されて、それぞれ二五人にも満たない労働者が働くちっぽけな場が並んでいるわけです。そういう工場群は陰気で汚くて、狭い所に人が大勢押し込まれている。配線は剥き出しだし、出口は塞がれているし、トイレ設備も満足にないような有様ですよ」。初めて労働者にインタビューすることになったダウンタウンのビルでは、エレベーター内の照明が切れていて真っ暗だったという。六階で降りると「ディケンズに出てきそうな」六つの作業場があり、各々が別の企業向けの業務を行っていた。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

サウス・サルサモーラアパレル工場はスウェットショップではなかった

サウス・サルサモーラ・ストリート・アパレル工場は、どう見てもスウェットショップではなかった。労働者は健康保険にも入れたし、時給一二ドル稼ぐミシン係もいた。労働時間にしても、たまに長くなることはあったけ …

no image

ナイキのスウェットショップ問題

ファッション業界の歴史には、悪名高いスウェットショップ話がいくつか暗雲のように垂れ込めている。一九一年、ニューヨーク・シティのトライアングル・シャツウエスト工場の火災で、労働者五〇〇人のうち一四六人が …

no image

北マリアナ諸島最大の島サイパンに降り立ったら

観光客のほとんどは日本人で、カラオケ・バーや館屋、ビーチ・フロントの日系豪華ホテルにたむろしている。休暇中の人々はビーチでくつろいだり、海で水遊びしたり、ゴルフやシュノーケリングをしたりと、島での素敵 …

no image

テレビは太って見えるので大変

デザイナーが痩せたモデルを使うことには、理由がある。技術的なことを言えば、テレビやフィルムには実際よりも一回りか一回りサイズが大きく映ってしまうんだ。カメラのせいで、一回りか一回りは太って見えるんだな …

no image

セレブは社会が理想とする体型に常に影響を及ぼしてきた

私たちは、一九八〇年代にはやや軟弱な感じだったマドンナが、九〇年代に筋肉質な体つきへと変貌していくさまを見届けてきた。ジャネット・ジャクソンも激しいワークアウトで体脂肪を減らし、鍛え上げた腹筋を見せる …