スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ストッピングパワーなどの用語

投稿日:

・ストッピングパワー

ブレーキ能力の大小を表現する言葉。

・0〜400m加速

通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック次第で、0.5〜1秒は軽く違ってしまうほど難しいものであり、「ドラッグレース」という、0〜400mだけのタイムを競うレースもある。これと同じく、0〜200m加速、0〜1000m加速、四分の一マイル(約440m)加速、0〜100km/h加速などがある。

・実用最低スピート(実用回転域)

ノンスナッチスヒードからスロットルを開けても、まず良好な加速は得られない。トップギヤで通常の加速(交通の流れに追従できる加速)が得られる最低の速度が、実用最低スピードである。大排気量のマシンはど、パワー、トルクが余っているので、低いスヒードが可能である。

・コーナーリング性

マシンのコーナーリング性をチェックする場合に用いる言葉。寝かし込み時の重さ、バンク中の安定性、トレース性、スピードの変化などによる差異を総合して判断する。

ステア特性

アンダーステア、オーバーステア、ニュートラルステアの3つは、スヒードの増減によって変化するバイクもあれば、最高速まで変化のないマシンもある。このスヒードによる変化をステア特性という。

・接地感

タイヤが路面と接地する感覚を表現した言葉で、「グリッフ感」とは異なる。主として前輪の接地感が重要であり、「べタッとしている」とか「ゴツゴツとはずむ感じ」というように表現する。バイクのタイヤは、接地感を体感しやすいものが、乗りやすさに通じるものである。

・シミー

通常は、前輪タイヤのホイールバランスが狂っていると、一定スピード間で発生する。直進時に、車体ではなく前輪タイヤが左右に振れることをシミーという。スピードによって、発生したり、しなかったりする。また、外乱を受けて発生することもある。

・スロットルワーク(アクセルワーク)

アクセル操作のことで、「低回転域のスロットルワークが難しい」とか「ぬかるみではスロットルワークに注意する」というように使われる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …