スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ストッピングパワーなどの用語

投稿日:

・ストッピングパワー

ブレーキ能力の大小を表現する言葉。

・0〜400m加速

通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック次第で、0.5〜1秒は軽く違ってしまうほど難しいものであり、「ドラッグレース」という、0〜400mだけのタイムを競うレースもある。これと同じく、0〜200m加速、0〜1000m加速、四分の一マイル(約440m)加速、0〜100km/h加速などがある。

・実用最低スピート(実用回転域)

ノンスナッチスヒードからスロットルを開けても、まず良好な加速は得られない。トップギヤで通常の加速(交通の流れに追従できる加速)が得られる最低の速度が、実用最低スピードである。大排気量のマシンはど、パワー、トルクが余っているので、低いスヒードが可能である。

・コーナーリング性

マシンのコーナーリング性をチェックする場合に用いる言葉。寝かし込み時の重さ、バンク中の安定性、トレース性、スピードの変化などによる差異を総合して判断する。

ステア特性

アンダーステア、オーバーステア、ニュートラルステアの3つは、スヒードの増減によって変化するバイクもあれば、最高速まで変化のないマシンもある。このスヒードによる変化をステア特性という。

・接地感

タイヤが路面と接地する感覚を表現した言葉で、「グリッフ感」とは異なる。主として前輪の接地感が重要であり、「べタッとしている」とか「ゴツゴツとはずむ感じ」というように表現する。バイクのタイヤは、接地感を体感しやすいものが、乗りやすさに通じるものである。

・シミー

通常は、前輪タイヤのホイールバランスが狂っていると、一定スピード間で発生する。直進時に、車体ではなく前輪タイヤが左右に振れることをシミーという。スピードによって、発生したり、しなかったりする。また、外乱を受けて発生することもある。

・スロットルワーク(アクセルワーク)

アクセル操作のことで、「低回転域のスロットルワークが難しい」とか「ぬかるみではスロットルワークに注意する」というように使われる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

リーンアウトのメリットやデメリットについて

リーン・アウトは、倒す際の微妙なコントロールが難しいので正確さも失われやすくなるから、身体全体でコントロールするリーン・インやリーン・ウィズに比べて一歩譲ることになりそうだ。 リーン・アウトは、雨の日 …