スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ストッピングパワーなどの用語

投稿日:

・ストッピングパワー

ブレーキ能力の大小を表現する言葉。

・0〜400m加速

通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック次第で、0.5〜1秒は軽く違ってしまうほど難しいものであり、「ドラッグレース」という、0〜400mだけのタイムを競うレースもある。これと同じく、0〜200m加速、0〜1000m加速、四分の一マイル(約440m)加速、0〜100km/h加速などがある。

・実用最低スピート(実用回転域)

ノンスナッチスヒードからスロットルを開けても、まず良好な加速は得られない。トップギヤで通常の加速(交通の流れに追従できる加速)が得られる最低の速度が、実用最低スピードである。大排気量のマシンはど、パワー、トルクが余っているので、低いスヒードが可能である。

・コーナーリング性

マシンのコーナーリング性をチェックする場合に用いる言葉。寝かし込み時の重さ、バンク中の安定性、トレース性、スピードの変化などによる差異を総合して判断する。

ステア特性

アンダーステア、オーバーステア、ニュートラルステアの3つは、スヒードの増減によって変化するバイクもあれば、最高速まで変化のないマシンもある。このスヒードによる変化をステア特性という。

・接地感

タイヤが路面と接地する感覚を表現した言葉で、「グリッフ感」とは異なる。主として前輪の接地感が重要であり、「べタッとしている」とか「ゴツゴツとはずむ感じ」というように表現する。バイクのタイヤは、接地感を体感しやすいものが、乗りやすさに通じるものである。

・シミー

通常は、前輪タイヤのホイールバランスが狂っていると、一定スピード間で発生する。直進時に、車体ではなく前輪タイヤが左右に振れることをシミーという。スピードによって、発生したり、しなかったりする。また、外乱を受けて発生することもある。

・スロットルワーク(アクセルワーク)

アクセル操作のことで、「低回転域のスロットルワークが難しい」とか「ぬかるみではスロットルワークに注意する」というように使われる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …