スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スローインファーストアウト走行

投稿日:

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や障害物、四輪車などを避けられない場合も多くなる。それでは、コーナー手前からスピードを落とせば落とすほどよいのか、といえばそうではない。そのコーナーをクリアできる最適のスピードまで、短い時間内で減速することが基本だ。

スローイン・ファーストアウト、日本語でいうならゆっくり入って、早く抜ける、となる。つまりコーナーに入る手前で十分にスピードを落としてコーナーに入り、早く立ち上がる、ということである。コーナリングをいかに速く抜けるかは、ライダーにとって最大の関心ごとでもある。一緒に走る仲間よりも速く走るためには、いかに速くコーナーをクリアしていくかが重要な課題となってくる。

レースではブレーキングポイントを0・1秒遅らせることが勝負につながるほど大切なテクニックとされるほどなのである。スローイン・ファーストアウトのポイントは、ブレーキングポイントをなるべくコーナー近くにとる。ブレーキングはフル作動させる。ブレーキ作動時間はなるべく短くする。早くアクセルをオンにして立ち上がる。

コーナリング中はスピードを一定

また、スローイン・ファーストアウトがアクセルとブレーキングワークの基本であるのに対して、アウト・イン・アウトは走行ラインの基本になるものだ。つまり、外側からコーナーに入ってコーナーの内側を抜けて外側に立ち上がることである。

スローイン・ファーストアウトで、コーナリング中はスピードを一定させ、ポジションも安定させ、不用な動きは避けることも忘れずに。ひとつ付け加えるなら、リーンさせている時間を短くすることだ。こうしてみると、速く走るためにはコーナーという道は非常にむだが多いので、コーナーにいる時間をより短縮させアクセルを開いている時間をより多くすることだこれだけのことをしっかり頭に入れておけば、少しづつ実践に入れるはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …