スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スローインファーストアウト走行

投稿日:

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や障害物、四輪車などを避けられない場合も多くなる。それでは、コーナー手前からスピードを落とせば落とすほどよいのか、といえばそうではない。そのコーナーをクリアできる最適のスピードまで、短い時間内で減速することが基本だ。

スローイン・ファーストアウト、日本語でいうならゆっくり入って、早く抜ける、となる。つまりコーナーに入る手前で十分にスピードを落としてコーナーに入り、早く立ち上がる、ということである。コーナリングをいかに速く抜けるかは、ライダーにとって最大の関心ごとでもある。一緒に走る仲間よりも速く走るためには、いかに速くコーナーをクリアしていくかが重要な課題となってくる。

レースではブレーキングポイントを0・1秒遅らせることが勝負につながるほど大切なテクニックとされるほどなのである。スローイン・ファーストアウトのポイントは、ブレーキングポイントをなるべくコーナー近くにとる。ブレーキングはフル作動させる。ブレーキ作動時間はなるべく短くする。早くアクセルをオンにして立ち上がる。

コーナリング中はスピードを一定

また、スローイン・ファーストアウトがアクセルとブレーキングワークの基本であるのに対して、アウト・イン・アウトは走行ラインの基本になるものだ。つまり、外側からコーナーに入ってコーナーの内側を抜けて外側に立ち上がることである。

スローイン・ファーストアウトで、コーナリング中はスピードを一定させ、ポジションも安定させ、不用な動きは避けることも忘れずに。ひとつ付け加えるなら、リーンさせている時間を短くすることだ。こうしてみると、速く走るためにはコーナーという道は非常にむだが多いので、コーナーにいる時間をより短縮させアクセルを開いている時間をより多くすることだこれだけのことをしっかり頭に入れておけば、少しづつ実践に入れるはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

ライディングフォームを直すステップ

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれて …