スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スローインファーストアウト走行

投稿日:

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や障害物、四輪車などを避けられない場合も多くなる。それでは、コーナー手前からスピードを落とせば落とすほどよいのか、といえばそうではない。そのコーナーをクリアできる最適のスピードまで、短い時間内で減速することが基本だ。

スローイン・ファーストアウト、日本語でいうならゆっくり入って、早く抜ける、となる。つまりコーナーに入る手前で十分にスピードを落としてコーナーに入り、早く立ち上がる、ということである。コーナリングをいかに速く抜けるかは、ライダーにとって最大の関心ごとでもある。一緒に走る仲間よりも速く走るためには、いかに速くコーナーをクリアしていくかが重要な課題となってくる。

レースではブレーキングポイントを0・1秒遅らせることが勝負につながるほど大切なテクニックとされるほどなのである。スローイン・ファーストアウトのポイントは、ブレーキングポイントをなるべくコーナー近くにとる。ブレーキングはフル作動させる。ブレーキ作動時間はなるべく短くする。早くアクセルをオンにして立ち上がる。

コーナリング中はスピードを一定

また、スローイン・ファーストアウトがアクセルとブレーキングワークの基本であるのに対して、アウト・イン・アウトは走行ラインの基本になるものだ。つまり、外側からコーナーに入ってコーナーの内側を抜けて外側に立ち上がることである。

スローイン・ファーストアウトで、コーナリング中はスピードを一定させ、ポジションも安定させ、不用な動きは避けることも忘れずに。ひとつ付け加えるなら、リーンさせている時間を短くすることだ。こうしてみると、速く走るためにはコーナーという道は非常にむだが多いので、コーナーにいる時間をより短縮させアクセルを開いている時間をより多くすることだこれだけのことをしっかり頭に入れておけば、少しづつ実践に入れるはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れ …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …

no image

車両の左側の追い越しについて

渋滞で停止している四輪車の左側をすり抜ける場合は、急にドアを開けられることがあるので注意しよう。急に開けるほうが悪いとはいっても、痛い目にあうのは自分だからだ。駐車車輌の右側を通過する場合は、1m以上 …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …