スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

投稿日:

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のスピードではスリップストリームによる効果などない。とにかく、前のクルマから離れること。格好だけのスリップストリームは即座にやめるべし。

もし前のクルマが急ブレーキをかけたらどうする?前を走るクルマはトラックあり乗用車ありで、しかもドライバーの腕は千差万別。いつブレーキを踏むかわかったものではない。それに4輪と2輪のブレーキ性能の差を考えれば、スリップストリームまがいの走りの恐ろしさはいまさらいうまでもないだろう。それでなくても車間距離をじゅうぶんにとることは、だれもがロをすっぱくしていっていること。

レースでは同じくらいの性能のマシンでマナーを心得たライダーが走っており、コースも前もってわかっている。要するに相手がわかっており、いつどのようにすれば危険を回避できるかが頭のなかにはいっている。だが公道ではそうはいかない。

2輪のチェーンはきわめて大切な部品

2輪のチェーンはきわめて大切な部品であることはだれでも知っているはずだが、保守点検となると、はたしてどれくらいの人が実行しているだろうか。不思議なことに、きれいなオートバイ(なにも年式が新しいというのではない)のチェーンは総じてたるみが少ない。要するに、日ごろからメンテナンスを心がけている人はチェーンの重要性をよく知っているのでたるみが少なく、単なる道具、それもラフに乗っていい道具と思っている人のオートバイは乗りっ放しでチェーンは伸び放題。

はなはだ疑問だ。というのは、街中で見かけるオートバイの多くは、程度の差こそあるが、チェーンをたるませた状態で走っているからだ。ひどいのになると、チェーンがたるんでしまいチェーンケースやスイングアームに当たり、ガラガラと音を出して走っているのもある。チェーンのたるみは、注意意識のあるなしにかかわってくるわけで、いい替えれば表題どおり、チェーンのたるみは心のたるみ、となるわけだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …

no image

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもス …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …