スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

投稿日:

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のスピードではスリップストリームによる効果などない。とにかく、前のクルマから離れること。格好だけのスリップストリームは即座にやめるべし。

もし前のクルマが急ブレーキをかけたらどうする?前を走るクルマはトラックあり乗用車ありで、しかもドライバーの腕は千差万別。いつブレーキを踏むかわかったものではない。それに4輪と2輪のブレーキ性能の差を考えれば、スリップストリームまがいの走りの恐ろしさはいまさらいうまでもないだろう。それでなくても車間距離をじゅうぶんにとることは、だれもがロをすっぱくしていっていること。

レースでは同じくらいの性能のマシンでマナーを心得たライダーが走っており、コースも前もってわかっている。要するに相手がわかっており、いつどのようにすれば危険を回避できるかが頭のなかにはいっている。だが公道ではそうはいかない。

2輪のチェーンはきわめて大切な部品

2輪のチェーンはきわめて大切な部品であることはだれでも知っているはずだが、保守点検となると、はたしてどれくらいの人が実行しているだろうか。不思議なことに、きれいなオートバイ(なにも年式が新しいというのではない)のチェーンは総じてたるみが少ない。要するに、日ごろからメンテナンスを心がけている人はチェーンの重要性をよく知っているのでたるみが少なく、単なる道具、それもラフに乗っていい道具と思っている人のオートバイは乗りっ放しでチェーンは伸び放題。

はなはだ疑問だ。というのは、街中で見かけるオートバイの多くは、程度の差こそあるが、チェーンをたるませた状態で走っているからだ。ひどいのになると、チェーンがたるんでしまいチェーンケースやスイングアームに当たり、ガラガラと音を出して走っているのもある。チェーンのたるみは、注意意識のあるなしにかかわってくるわけで、いい替えれば表題どおり、チェーンのたるみは心のたるみ、となるわけだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …