スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

投稿日:

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のスピードではスリップストリームによる効果などない。とにかく、前のクルマから離れること。格好だけのスリップストリームは即座にやめるべし。

もし前のクルマが急ブレーキをかけたらどうする?前を走るクルマはトラックあり乗用車ありで、しかもドライバーの腕は千差万別。いつブレーキを踏むかわかったものではない。それに4輪と2輪のブレーキ性能の差を考えれば、スリップストリームまがいの走りの恐ろしさはいまさらいうまでもないだろう。それでなくても車間距離をじゅうぶんにとることは、だれもがロをすっぱくしていっていること。

レースでは同じくらいの性能のマシンでマナーを心得たライダーが走っており、コースも前もってわかっている。要するに相手がわかっており、いつどのようにすれば危険を回避できるかが頭のなかにはいっている。だが公道ではそうはいかない。

2輪のチェーンはきわめて大切な部品

2輪のチェーンはきわめて大切な部品であることはだれでも知っているはずだが、保守点検となると、はたしてどれくらいの人が実行しているだろうか。不思議なことに、きれいなオートバイ(なにも年式が新しいというのではない)のチェーンは総じてたるみが少ない。要するに、日ごろからメンテナンスを心がけている人はチェーンの重要性をよく知っているのでたるみが少なく、単なる道具、それもラフに乗っていい道具と思っている人のオートバイは乗りっ放しでチェーンは伸び放題。

はなはだ疑問だ。というのは、街中で見かけるオートバイの多くは、程度の差こそあるが、チェーンをたるませた状態で走っているからだ。ひどいのになると、チェーンがたるんでしまいチェーンケースやスイングアームに当たり、ガラガラと音を出して走っているのもある。チェーンのたるみは、注意意識のあるなしにかかわってくるわけで、いい替えれば表題どおり、チェーンのたるみは心のたるみ、となるわけだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …