自動車

スポーツ·ユーティリティ·ビークルと高級セダンを販売量拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年一年、息を切らして新車を披露した国産車と輸入車ブランドの視線は、すでに2012年に向かっている。現代自動車と起亜自動車は、それぞれのスポーツ·ユーティリティ·ビークル(SUV)と高級セダンを介して販売量拡大に乗り出す計画だ。これに対抗し、輸入車は、検証されたベストセラーカーの新モデルを前面に出して市場攻略に出る。ここで、来年には2つの輸入ブランドが新たに国内市場に参加する。

「K9」と「サンタフェ」注目来年リリースする国産車ブランドの新車の中で最も期待を集めることは起亜自動車の「K9」である。高級セダンK9は「K5」、「K7」など、今起亜自動車の看板がされた「Kシリーズ」を完成にするモデルで、「オピラス」の後続モデルである。K9は起亜自動車が初めて試みる後輪駆動セダンに8段変速機が適用されることが分かった。起亜自動車は、K9が現代車「エクウス」と「ジェネシス」の中間市場を掘り下げることを期待している。

サンタフェの新型モデルを披露

起亜自動車は「K9を介して中型から高級セダンまでフルラインナップを完成することになる」とし「K9は、輸入車販売台数の一部を奪う来ることができるだろう」と期待した。K9はKシリーズ特有の別名「虎の鼻グリル」は維持しながらも大型セダン特有の重厚感とスポーティさを生かしたことが分かった。米国デトロイトモーターショーで初めて披露した後、国内で販売される可能性もあった。

現代車はSUV「サンタフェ」の新型モデルを披露する。2000年デビューを見せた後、2005年2世代がリリースされたサンタフェはSUV市場で根強い人気を集めてきた。新型サンタフェは現代車特有のファミリールックは維持しながらもSUVという特性を生かし、スポーティにデザインされたことが分かった。現代車関係者は「「ツーソンix」と「ベラクルーズ」の中間地点にある新型サンタフェが発売され、国内のSUV市場を完全に掌握することができるだろう」とし「あまりにも市場の人気が良かったモデルであるため、新型サンタフェも正常に市場に定着することができるだろう」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加