自動車

高性能スポーツセダンインプレッサが発売された

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極限のモータースポーツとして知られる「ワールドラリーチャンピオンシップ(World Rally Championship)」で、合計47回の優勝を占めており、伝説の名車として名を馳せスバルの高性能スポーツセダン「インプレッサ」がに発売された。試乗イベントに参加したスバルは、会場に展示された「インプレッサWRX STi」を指し、「本格的な市販のものを控えている」とし「難しい国内外の条件がかみ合って導入時期が少し遅れたが、インプレッサの発売をきっかけにブランド認知度が一層高まるものと期待している」と述べた。

モーターショーを通じて初公開された「WRX STi」は、2007年フルモデルチェンジを経第3世代モデルでスバルの核心技術である対称型AWDシステムとターボボクサーエンジンは、もちろん「スバルインテリジェントドライブ(Subaru Intelligent Drive)」と高度な電子シャーシ制御システムである「スバルダイナミックシャーシコントロールコンセプト(Subaru Dynamic Chassis Concept)」が加わりバランス感と安全性、軽快なハンドリングの良さで知られている。

6速マニュアルトランスミッションを搭載

新車は2.5リットルの4気筒ターボエンジンに6速マニュアルトランスミッションを搭載し、最高出力305馬力、最大トルク40.1kg.mの強力な性能を誇る。6段変速機は、短いギアノブを使って爽快な変速感を伝達し、マルチモードDCCDシステム」と呼ばれるドライバズコントロールセンターデフ(Driver’s Control Center Differential)を装着した。

従来のマニュアルモードを維持しながら、3つのバージョンのオートモードを新たに搭載した「マルチモードDCCDシステム」は、運転者の走行習慣や道路状況に応じて前後のトルク配分を自主的に調節して、いかなる場合にも最適の状態で走行することができるように助ける「WRX STi」の排気音を聞かせて、少数のマニアたちのためのモデルですが、スバルを象徴する車であるだけに、必ず導入しなければならないと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加