自動車

スマートパスパルトゥーの発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートは、よりダイナミックなデザインに変更され、2013年型「スマートパスパルトゥー」を発売。スタイリッシュシティカー目指すスマートパスパルトゥーは2.6mの小さな車体にもかかわらず、「ツリー·ディオンセーフティセル」と呼ばれる独特の設計構造を搭載し、安全性を確保した。今回のモデルは、フロントグリルのデザインを変更して、さらにパワフルで固体感じを演出する。

大きくなったエンブレムは、既存のモデルがボンネットに位置していたのとは異なり、ブラックグリル中央に位置して存在感を強調した。ラジエーターグリルは、従来ひし形でハニカムに変更されて、全体的に立体感をボリューム感を生かした。フロントエプロンはラジエーターグリルのようなハニカムに、全体的なボディデザインに統一感を与えながらも、既存のとは異なり、シングルユニットに統合して全体の外観をより鮮明ようにした。

5つのLEDランプで行われたデイタイムランニングライトも水平に長く伸びた一体型LEDランプに変更されて、小さな車体にも強力な存在感を与えていた。サイドスカートとリアエプロンには、従来とは異なり、立体的なラインを加えて車体に緊張感を加えた。

インフィニティFX30d

インフィニティFX30dは、日本車のブランド初のディーゼルエンジンを搭載した。スポーツカーとSUVの長所を融合したデザインとコンセプトカーエッセンス(Essence)で開始されたインフィニティファミリールックを適用した新車は、既存のFXよりダイナミックな走行性能を誇るする。最高出力238馬力、最大トルク56.1kg.mの3.0リットルV6ターボディーゼルエンジンとアダプティブシフトコントロール(ASC)が内蔵された電子制御式7速トランスミッションを組み合わせて、やわらかい高速かつ強力な性能が長所だ。

後輪を基本とするアテーサ(ATTESA)のインテリジェント四輪駆動システム(Intelligent All Wheel Drive)を適用した新車は、一般的な状況では、優れた乗り心地を、滑りやすい路面では、安定した走行環境を提供する。このほか、車体姿勢制御装置(VDC)、トラクションコントロールシステム(TCS)、エレクトロニック制動力分配装置(EBD)、タイヤ空気圧警告装置(TPMS)、オデプなフロントライティングシステム(AFS)など、最先端の安全技術を適用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加