ニキビ

スキンケアを怠ると大変

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライ肌で乾燥するからニキビはできない、そう思い込んでスキンケアを怠けている人がいますが、メークを続けているうちに化粧品の油分が毛穴に入り込んで、ニキビができてしまうケースが多いのです。予防するためには、クレンジングと洗顔を正しく行って、メークを完璧に落とすこと。また、シャンプーもすすぎ残しがないようにしましょう。脱脂目的のパックは避けるべきです。肌がよけい乾燥して、ニキビも悪化します。パックを選ぶときは、肌のよけいな老廃物を取りながら、潤いを補給してくれるクレイ(泥)タイプのパックで洗い流すものを。

ただし、ニキビのひどいときは避けて、カサカサしていると感じたときだけ保湿のためにパックしましょう。ニキビの部分は直接、保湿しなくていいのでしょうか?ゾーンのみ皮脂が多くてニキビができやすいのなら、その部分だけ収れん化粧水を使うなどの部分使いを全体が乾燥する場合、若い肌向けの保湿化粧品ならニキビの患部に直接っけてもかまいませんが、油分の多いクリームや乳液は避けてください。また、ニキビ専用のクリームが市販されているので、患部にのみ塗っておくのも効果的です。

スペシャルなお手入れ

小鼻や額に使用できる部分用のはがすパックは、ニキビ予備軍である毛穴の黒い汚れや詰まった角栓を、スッポリ取り除いてくれ、ニキビができにくくなります。ただし、使用後は必ず収れんタイプの化粧水で毛穴を引き締めておきましょう。洗顔、クレンジング、保湿の基本的なニキビケアを終えたら、ここでスペシャルなお手入れについて考えてみましょう。

ますは、Tゾーンや小鼻などの毛穴に汚れが詰まってニキビになりやすい部分の掃除、つまりパックの登場です。ただし、痛むほど二キビが赤くなって炎症を起こしているとさはパックは厳禁です。ニキビが治まってきたらクレイの洗い流すタイプや部分的に使用できるシーバムタイプを。気になるときは、必ずニキビ用のスポッツクリームをつけておくなどケアを万全に行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加