スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

超スキニーなモデルを愚弄しながらダイエットに励む私たち

投稿日:

私たちは、たとえばリッキー・レイク、オプラ・ウィンフリー、リチャード・シモンズ、ジャレッド・フォグルといった減量成功者たちのビフォー・アンド・アフター話に拍手喝采する。フォグルは、サブウェイの野菜サンドで減量した男性だ。超スキニーなモデルを愚弄しながら、彼女たちのような姿になりたくてダイエットに励む私たち。この社会では、減量とは何かを成し遂げることのように思われている。

友達から大げさな口調で腹せた?と聞かれたら、健康を気遣ってもらっているわけではなく、自分の努力で賛辞を勝ち取ったことになるのだ。また、キャムリン・マンハイムやザ・ビューのスター・ジョーンズなど、太っていても堂々としているプラス・サイズの人々にも賞賛が贈られる。ファッション・ヴィクティムは、今ではちっぽけと言ってもいいくらいに縮んでしまった体の上で頭をぐらぐらさせているロリポップ・ガールズに舌打ちして異を唱えた。

激痩せを批判された女優たちは

それでも、そうして激痩せを批判された女優たちは、相変わらず雑誌やレッド・カーペット上を賑わす憧れの対象なのだった。一九九〇年代初期にはやつれた風情のウェイフ・モデルたちが台頭し、同後期には徐々に痩せていく女優たちの姿が目立ったため、メディアは関心を抱いているふりを続けた。USAトゥデイのアリーの体重というキワドイ話からUSの成功を渇望して、一九九九年のピープルの極端に走ってまで。私たちは他人の体重には偽善的な態度をとる。

映画キャスト・アウェイの役作りで一八キロ以上も減量したトム・ハンクスは、観客から喝采を浴びた。しかし、エクササイズと高たんばく質ダイエットで痩せたジェニファー・アニストンに対して、人々は矛盾した気持ちを抱いた。ファッション・ヴィクティムは、あまりに細すぎると彼女を批判しつつも、彼女のようになりたいと密かに思ったのである。ファッションとボディ・イメージの結び付きについて最も悩ましいのは、単に、両者に関連があるというだけではなく、ファッションがそこからかなり恩恵を得ているらしいことである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

キュートな拒食症の女の子たちというスローガン

モデルには不思議に腹が立たないの。だって、モデルってじかに見るとホントに背も高いし手足も長いし、なんか妙な感じ。ニューヨーク・シティ在住の二五歳のライター、レベッカは面白くない様子だ。誰にムカつくって …

no image

ディズニーの工場だろうとナイキの工場だろうと

アパレル工場の監査は、財務会計士にクリップボードとチェックリストを持たせて工場に送り込めばいいというような単純なものではない。それなのに、それだけで済ませてしまっている会社が多いのだ。「衛生面や安全面 …

no image

デザイナーのエゴ

ティアニーが綴る。なぜモデルたちは飢えなければならないのか?ファッション界には、服はハンガーのような体に着せたほうが映えるからという模範解答がある。だが、おそらくはデザイナーのエゴもあるはずである。彼 …

no image

労働問題改善を唱えるケイティ・クアン

アパレル系のスウェットショップが二〇世紀における恐竜にならなかった主な理由は、製品自体にある。柔らかい生地を扱うため、製造過程をオートメ化しにくいのだ。ここ四〇年間、インフレのおかげで他分野の賃金はお …

no image

モデルの食生活は過酷なのか?

アメリカ摂食障害者協会のホリー・ホフは言う。実際、モデルはみんなへルシーな食事をしているし、ただ自然に痩せているのだと考えるほうがいい。危険なのは、モデルはみんなダイエットしていると考えることだ。なぜ …