スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

スキーマ心理を巧みに使った恋愛成功術

投稿日:

人間は一人一人、独自の行動基準を持っている。これを心理学で「スキーマ」と呼んでいる。たとえば病人でも老人でも妊婦でもない人は、ふつうシルバーシートには座ろうとしないものだが、それは、「スキーマ」とじっさいの行動が合致してところが、人間は、往々にして「スキーマ」とは矛盾する行動をしてしまう。

意中の彼女に借りをつくるのは、「彼女に何かを教えてもらう」のと同系列の作戦である。ここでは、母性とは別の角度から、その効果を検証してみよう。

たとえば、意中の彼女に思いきって愛を告白するかわりに、「一万円、貸してくれないかな」と言ってみる。すると、彼女の中では、つぎのような第一の心理的葛藤が起こる。「なんで、この男に貸さなければならないの」、「でも、ケチで不親切な女だと思われたくない」ー。このバトルは、たいてい後者の勝利に終わる。人間、誰もが、ケチで不親切だとは思われたくないからである。

スキーマとのせめぎあい

さて、こうして一万円を貸してしまうと、彼女は、第二の心理的葛藤を味わうことになる。それは、肝心の「スキーマ」とのせめぎあいである。「ああ、私は、なんで好きでもない男に一万円を貸してしまったのかしら」という思いは、「ケチじゃないから」「親切だから」の説明では解決がつかなくなる。そこで、「憎からず思っているからかもね」というあらたな説明をつけ加えることになる。人間は、自分が親切にしてあげた相手を好きになる。

「私は軽い女ではない」という「スキーマ」をキープするために、「好きでもない男とホテルに行った」を「好きな男とホテルに行った」に修正する。「借りをつくる」作戦は、この心理システムを応用したものにほかならない。

「私は軽い女と見られたくない」とふだん思っている女性が、酔った勢いで好きでもない男とホテルに入るような場合は、その矛盾の典型と言える。この場合は、心理的に「不協和」という現象が起こる。つまり、彼女は、「スキーマ」と自分がとった行動との矛盾によって、心理的混乱におちいるわけだ。そこで、彼女は、心理的混乱から逃れるためのツジツマ合わせをするのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

女性の記憶力の高さ

男が彼女の髪形や口紅の変化に気づくかどうかは、やはりきわめて重要と言わざるをえない。なぜなら、それは、女性にとって「彼は、自分にかんする細かいことをどれだけ覚えてくれているか」をチェックするポイントに …

no image

付き合いが長くて兄弟のような関係に

子供を二人も産み、締め切りをこなし、3歳も過ぎてしまうと、人間、ちっとやそっとでは落ち込まなくなってしまう、とある人は語る。こんな私にも、かつては繊細で傷つきやすい魂の時期もあったのだわ、と懐かしく思 …

no image

職場の不倫カップル

職場の不倫カップルとなれば、大変きわまることであろう。よく聞く話だが、妻子持ち上司と部下の女子社員カップル。それが社内でバレ、オフィス内の均衡は崩れ(男子社員も、上司の女となれば、むげに怒鳴れなくなる …