スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

スキーマ心理を巧みに使った恋愛成功術

投稿日:

人間は一人一人、独自の行動基準を持っている。これを心理学で「スキーマ」と呼んでいる。たとえば病人でも老人でも妊婦でもない人は、ふつうシルバーシートには座ろうとしないものだが、それは、「スキーマ」とじっさいの行動が合致してところが、人間は、往々にして「スキーマ」とは矛盾する行動をしてしまう。

意中の彼女に借りをつくるのは、「彼女に何かを教えてもらう」のと同系列の作戦である。ここでは、母性とは別の角度から、その効果を検証してみよう。

たとえば、意中の彼女に思いきって愛を告白するかわりに、「一万円、貸してくれないかな」と言ってみる。すると、彼女の中では、つぎのような第一の心理的葛藤が起こる。「なんで、この男に貸さなければならないの」、「でも、ケチで不親切な女だと思われたくない」ー。このバトルは、たいてい後者の勝利に終わる。人間、誰もが、ケチで不親切だとは思われたくないからである。

スキーマとのせめぎあい

さて、こうして一万円を貸してしまうと、彼女は、第二の心理的葛藤を味わうことになる。それは、肝心の「スキーマ」とのせめぎあいである。「ああ、私は、なんで好きでもない男に一万円を貸してしまったのかしら」という思いは、「ケチじゃないから」「親切だから」の説明では解決がつかなくなる。そこで、「憎からず思っているからかもね」というあらたな説明をつけ加えることになる。人間は、自分が親切にしてあげた相手を好きになる。

「私は軽い女ではない」という「スキーマ」をキープするために、「好きでもない男とホテルに行った」を「好きな男とホテルに行った」に修正する。「借りをつくる」作戦は、この心理システムを応用したものにほかならない。

「私は軽い女と見られたくない」とふだん思っている女性が、酔った勢いで好きでもない男とホテルに入るような場合は、その矛盾の典型と言える。この場合は、心理的に「不協和」という現象が起こる。つまり、彼女は、「スキーマ」と自分がとった行動との矛盾によって、心理的混乱におちいるわけだ。そこで、彼女は、心理的混乱から逃れるためのツジツマ合わせをするのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …

no image

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らし …

no image

彼と会えないとき他の男の友達と遊ぶ女性

男友達の中にも、好きだといってくれる人もいて、はっきり彼氏がいるともいえず、というか彼氏と違う面があるとそっちもいいなあって思っちゃってずるずると全く違うタイプの人を好きになったりする。 私は学生のこ …

no image

小綺麗な男が増えている

昔はまだ、オシャレをする男の子は、スカーフ野郎と、陰で笑われる存在だった。ところが、今や、もはや笑っている場合ではない。若い男の子は、みな、小ぎれいにアイロンのかかった衣服をまとい、髪をさわやかにブロ …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …