スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

スキーマ心理を巧みに使った恋愛成功術

投稿日:

人間は一人一人、独自の行動基準を持っている。これを心理学で「スキーマ」と呼んでいる。たとえば病人でも老人でも妊婦でもない人は、ふつうシルバーシートには座ろうとしないものだが、それは、「スキーマ」とじっさいの行動が合致してところが、人間は、往々にして「スキーマ」とは矛盾する行動をしてしまう。

意中の彼女に借りをつくるのは、「彼女に何かを教えてもらう」のと同系列の作戦である。ここでは、母性とは別の角度から、その効果を検証してみよう。

たとえば、意中の彼女に思いきって愛を告白するかわりに、「一万円、貸してくれないかな」と言ってみる。すると、彼女の中では、つぎのような第一の心理的葛藤が起こる。「なんで、この男に貸さなければならないの」、「でも、ケチで不親切な女だと思われたくない」ー。このバトルは、たいてい後者の勝利に終わる。人間、誰もが、ケチで不親切だとは思われたくないからである。

スキーマとのせめぎあい

さて、こうして一万円を貸してしまうと、彼女は、第二の心理的葛藤を味わうことになる。それは、肝心の「スキーマ」とのせめぎあいである。「ああ、私は、なんで好きでもない男に一万円を貸してしまったのかしら」という思いは、「ケチじゃないから」「親切だから」の説明では解決がつかなくなる。そこで、「憎からず思っているからかもね」というあらたな説明をつけ加えることになる。人間は、自分が親切にしてあげた相手を好きになる。

「私は軽い女ではない」という「スキーマ」をキープするために、「好きでもない男とホテルに行った」を「好きな男とホテルに行った」に修正する。「借りをつくる」作戦は、この心理システムを応用したものにほかならない。

「私は軽い女と見られたくない」とふだん思っている女性が、酔った勢いで好きでもない男とホテルに入るような場合は、その矛盾の典型と言える。この場合は、心理的に「不協和」という現象が起こる。つまり、彼女は、「スキーマ」と自分がとった行動との矛盾によって、心理的混乱におちいるわけだ。そこで、彼女は、心理的混乱から逃れるためのツジツマ合わせをするのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …

no image

環境から人がなにを学ぶか

環境がどんなに劣悪でも、マトモな人間はマトモである。問題は、環境から人がなにを学ぶか、ということであろう。極道の親を見て、それを真似て極道になる息子もいれば、反面教師と見て、マジメな公務員の道を選ぶ息 …