自動車

水素燃料電池車の時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気自動車の他の形態で「水素燃料電池車」がある。基本的には電気モーターが動力である電気自動車だが、充電されたバッテリーから電気を供給されず、搭載された水素を利用して電気を作成して使用する。水素と酸素を結合させる過程で作られた電気でモーターを駆動し、この時作られた水だけ排気口を通って外に排出する。燃料タンクの代わりに装着された水素タンクに水素を充填すると、走行中に二​​酸化炭素や有害ガスを全く発生させずに水だけを排出するので、非常に環境に優しい。

水素を使用する別の形態は「水素自動車」がある。水素は爆発力が高い可燃性ガスであるため、水素をガソリンのようにエンジンのシリンダーに直接注入して、その爆発を利用する自動車だ。水素と電気を主燃料として使用する方式は、走行中の二酸化炭素や有害物質を排出しない無公害車と呼ばれる。しかし、走行中に無公害であることは事実だが、水素と電気を生産する施設では、まだ、二酸化炭素や有害物質が発生するので、より環境に優しいと見ることができないという反論も少なくない。

自動車の騒音公害を解決する優れた代替

特に大韓民国のように電気の生産が火力発電に依存している割合が大きいほど、なおさらだ。グレゴリオ暦、風力などのグリーンエネルギーを積極的に活用すれば、それこそ無公害に近づくことができる余地はある。もう一つは、地球大気環境とは関係がありませんが、電気自動車が自動車の騒音公害を解決する優れた代替であることは間違いない。

・シボレーボルト

米国で市販されているシボレーボルトは、電気モーターを動力源として使用する電気自動車だが、エンジンも搭載している。ところが、走行は、電気モーターのみとなってエンジンは、充電された電気を使い切ったときに発電用にのみ使用される。充電されたバッテリーでは最大80kmを走行することができ、日常的な市街地走行であれば、発電用エンジンは、一切使用しなくてもよい。ただし、充電設備が整っていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加