バイク

スーパースポーツバイクの乗り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタンクに当てる程度で十分であり、加速時や減速時に、瞬間的にニーグリップを効かせればよい。このフォームは、ビギナーのうちはかなり苦痛を伴うが、スーパースポーツを乗りこなすには、これに慣れなければテクニックの向上は望めない。

ひじは、余裕を持って軽く曲げる。腕がまっすぐ伸びきっている場合は、フューエルタンク寄りに、前に出てすわるとよい。それでも伸びてしまうのは、上体の前傾が足りないためである。テクニックが向上すれば、つま先をのせてもかまわないが、まずは基本をマスターすること。下腹に力を入れ、両足首を内側にギュッと締めつけると、やや背中が丸くなるが、これでかまわない。

オートバイは下半身でマシンコントロールすることが基本であり、グリップは軽く力を入れて握るが、腕や肩には力を入れず、リラックスすることが重要である。つま先は、開かないことがベストだが、だからといって、無理に内側へ寄せる必要はない。

フートレストにのせた足は

フートレストにのせた足は、下方向へ押しつけると同時に、両足首で車体を締めつけるようにする。背筋に力を入れると、必然的に両フートレストに荷重がかかるので、あとは軽くニーグリップを効かせれば十分である。

アップハンドルを装着し、フートレストが前方寄りにあるアメリカンとトレールでは、力を入れる箇所が同しある。上体が直立するこの種のオートバイは、背筋にグッと力を入れて、上体を安定させることがポイントになる。

トレールバイクの場合は、ロードスボーツ以上に上体のリラックスが重要であり、しかも、腕力、握力といったものも、ケースバイケースで必要になる。アメリカンタイプの場合は、背中を丸めたフォームは最悪であり、これでは下半身に力が入らず、マシンコントロールも悪化してしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加