スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

スーパースポーツバイクの乗り方

投稿日:

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタンクに当てる程度で十分であり、加速時や減速時に、瞬間的にニーグリップを効かせればよい。このフォームは、ビギナーのうちはかなり苦痛を伴うが、スーパースポーツを乗りこなすには、これに慣れなければテクニックの向上は望めない。

ひじは、余裕を持って軽く曲げる。腕がまっすぐ伸びきっている場合は、フューエルタンク寄りに、前に出てすわるとよい。それでも伸びてしまうのは、上体の前傾が足りないためである。テクニックが向上すれば、つま先をのせてもかまわないが、まずは基本をマスターすること。下腹に力を入れ、両足首を内側にギュッと締めつけると、やや背中が丸くなるが、これでかまわない。

オートバイは下半身でマシンコントロールすることが基本であり、グリップは軽く力を入れて握るが、腕や肩には力を入れず、リラックスすることが重要である。つま先は、開かないことがベストだが、だからといって、無理に内側へ寄せる必要はない。

フートレストにのせた足は

フートレストにのせた足は、下方向へ押しつけると同時に、両足首で車体を締めつけるようにする。背筋に力を入れると、必然的に両フートレストに荷重がかかるので、あとは軽くニーグリップを効かせれば十分である。

アップハンドルを装着し、フートレストが前方寄りにあるアメリカンとトレールでは、力を入れる箇所が同しある。上体が直立するこの種のオートバイは、背筋にグッと力を入れて、上体を安定させることがポイントになる。

トレールバイクの場合は、ロードスボーツ以上に上体のリラックスが重要であり、しかも、腕力、握力といったものも、ケースバイケースで必要になる。アメリカンタイプの場合は、背中を丸めたフォームは最悪であり、これでは下半身に力が入らず、マシンコントロールも悪化してしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …