スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

相続税とかかわりのあった死亡者

投稿日:2015年8月10日 更新日:

相続税とかかわりのあった死亡者(被相続人)は48,463人であり、この人数は2000年度における全死亡者961,637人のわずか5%にすぎない。すなわち、当該年度における全死亡者の95%、およびその家族は相続税とは無縁である。

相続税収は、1993年度2.9兆円をピークとして、2002年度には1.5兆円へと半減してしまっていた。けれども、相続税は、ほんのわずかの資産家にしか関係のない、きわめて大衆性の弱い税であるために、増税の余地は十分にあるように思える。

ほとんどの者が相続税とは無縁である最大の理由は、相続税の課税対象が、相続財産から債務を差し引いた額である上に、相当に高額の基礎控除額(5千万円プラス1千万円×法定相続人数)が設けられている。

被相続人シェアは

2000年度には、全死亡者の5%が相続税とかかわりのあった死亡者(被相続人)であり、このうち3%、すなわち、2000年度全死亡者の0.15%(=5%×3%)の人々とかかわりをもつ相続人が、相続税収の40%を支払っている。ちなみに、課税価格10億円超20億円以下の実効税率は23%、課税価格20億を知らない人たちが、2000年度時点での相続税最高税率75%から幼稚に連想するような高い税率とは比べものにならないほど低い。

相続税全体の実効税率(=1人当たり納付額/1人当たり相続額)は12%にすぎない。課税価格10億円以上の納税額のみで、相続税収の40%を占めている。この階層の「被相続人シェア」は、相続税が課税された被相続人48,463人の3%である。

相続税はほんのわずかの人がその大半を支払っている累進度の高い税である。ここで、単に相続税の限界税率を高めて税収をアップしようとする戦略をたてようとすれば、政府税調は支持するかもしれないが、自民税調は反対、抵抗の姿勢を示すであろう。
というのも、自民税調を構成するメンバーほとんどが、相続税と強くかかわっていると考えられるからである。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

確定拠出年金法の成立と施行

・確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行 確定拠出年金法と確定給付企業年金法の成立と施行により、今後の企業年金の体系は、厚生年金保険法の第9章に基づく「厚生年金基金」、確定給付企業年金法の第1 …

no image

実績準拠法の基準ケースにおける給付調整期間

「実績準拠法」の基準ケースにおける給付調整期間。所得代替率52%に到達するのは2032年度である。これを基準とするとき、2005年度以降、人口が高位推計で動けばどうなるか。この場合は、最終の所得代替率 …

no image

確定給付企業年金の運営は規約に基づいて行われる

確定給付企業年金の管理や運営は、法令の規定および法令の規定に基づき定めた規約に基づいて行われる。各確定給付企業年金の内容は、骨格はおおむね同じであるにしても、給付設計などの詳細は様々である。各確定給付 …

no image

年金の大量脱退による一時金給付の発生など

大量の脱退に伴う大量の一時金給付の発生など、財政運営の困難につながりかねない予測不可能な事態が生じる蓋然性が高まることにもなってしまう。こうした選択の問題は、保険の仕組みを活用していることに由来してい …

no image

確定給付企業年金の給付の制限など

確定給付企業年金の給付の額は、特定の者について不当に差別的なものであってはならない(確定給付企業年金法第32条第2項)。第一号と第二号が、どちらかといえば、加入者期間や給与等から直接的に年金額を算定す …