スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

相続税の最高税率が2003年1月1日より50%に引き下げられた

投稿日:2015年8月12日 更新日:

相続税の最高税率は2003年1月1日より50%に引き下げられた。まず、現代社会はく給付反対給付の原則とく機会均等の原則を基本原則にもつし、もつべきであると思う人々から構成されているものとしょう。このとき、親世代の経済格差をそのまま反映する相続は、子世代の機会均等を阻害することになり、この社会の基本原則のひとつ、機会均等の原則に抵触する。

相続税を今よりは大衆課税化して相続税収を増やすという戦略は、自民税調を構成するメンバーの支持を得られるのではないかとみている。そして、相続税の大衆課税化への動きそのものは、課税対象となる大衆その人たちからも、支持される可能性もある。

家族のなかで子が老親の面倒をみるー子から老親への私的扶養の一見返りとして老親から子へ財産が相続されるのであれば、給付反対給付の原則とは整合性をもつことになる。それゆえに、子が老親を私的に扶養する社会では、相続は機会の均等に抵触する側面をもちながらも、給付反対給付の原則からは正当性を認められることはできる。

物価や賃金の上昇に応じて

物価や賃金の上昇に応じて給付改善に要する費用は後代負担としてきたこと。制度創設以降、加入期間の短い人に対しても一定の水準の給付を支給してきたこと。ようするに、現在の年金受給者、それに、これからすぐに年金受給世代に加わる第1次べビー・ブーマーも、過去における種々の理由により、給付に見合った年金保険料を支払ってはいない。

社会保障制度のように、勤労世代から老齢世代への社会的扶養の制度化が一般化されている社会では、状況は異なる。今日では、機会の均等を保証するため、かつ、私的扶養を社会的に肩代わりする社会保障の財源を確保するために相続税を強化すべきであるという論理も成立するであろうし、この論理は、社会はく給付反対給付の原則とく機会均等の原則を基本原則にもつべきであると信じる人々に、かなり説得的に受け止められることにもなろう。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

リベート制度を上回る掛金を拠出する

一般的には、事業主および加入者は、リベート保険料を上回る掛金を拠出することが多い。なお、最低保証拠出部分は他の年金とは別管理され、退職時に終身年金の購入に充てられなければならない。加入者が支給開始年齢 …

no image

規約の変更が行われた場合

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金適用事業所であり、加入者となることができるのは、被用者年金被保険者等である。規約変更の認可基準は、、給付減額を行う際には、規約型企業年金の規約の変更 …

no image

基礎年金への国庫負担額を引き上げたいのであれば

基礎年金制度への国庫負担を引き上げたいのであれば、第1号被保険者の拠出金算定対象者割合が100%ではないために生じている保険料未納分を、国庫が負担する。すなわち、国庫は、免税者の免除保険料分を社会保障 …

no image

企業年金基金の積立金の運用

企業年金基金の積立金の運用は、基本的には、信託、生命保険、生命共済の契約、投資一任契約(この場合、信託会社と運用方法を特定する信託の契約の締結が必要)により行うこととされているが(確定給付企業年金法第 …

no image

実績準拠法の基準ケースにおける給付調整期間

「実績準拠法」の基準ケースにおける給付調整期間。所得代替率52%に到達するのは2032年度である。これを基準とするとき、2005年度以降、人口が高位推計で動けばどうなるか。この場合は、最終の所得代替率 …