スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

訴訟提起後の和解、訴えの取下げと手数料(印紙代)還付

投稿日:2015年7月16日 更新日:

・訴訟提起後の和解、訴えの取下げと手数料(印紙代)還付

訴状に貼った印紙の代金は戻ってくるのですか。過払金の返還請求訴訟を起こしましたが、貸金業者から和解したいとの電話があり、少し減額して和解しました。この後、裁判の取下げはどうしたらよいでしょうか。

「回答」

訴訟提起後に和解ができたのであれば、訴えを取り下げることになります。第1回期日前(被告が本案について準備書面を提出し、弁論準備手続において申述をし、または口頭弁論をする前。民訴法261条2項)の和解であれば、原告側が訴えの取下書(書式12参照)を裁判所に提出すれば、それで終りです。

訴訟外で和解をした場合には、訴えの取下げをします。4000円以上の印紙を貼った場合で、第1回期日前に訴えの取下げをしたときは、手数料還付の申立て(書式11)をすることでその一部が戻ってきます。

被告にも判決を得る利益が生じます

第1回期日後は、被告にも判決を得る利益が生じますので、訴えの取下げには貸金業者の同意が必要となります(民訴法261条2項)。この場合、貸金業者に和解書とともに訴えの取下書を送って、ゴム印と社判を押して返送してもらい、裁判所に提出します。

印紙代が8000円以下の場合は、印紙代ー4000円となります。印紙代が8000円を超える場合は、印紙代+2円となります。なお、印紙代金は、自動的に戻ってくるのでなく、提訴した裁判所に手数料還付の申立てをしないと戻ってきません。

4000円以上の印紙を訴状に貼って提訴して、第1回期日前に訴えを取り下げた場合には、印紙代金の一部を返還してもらうことができます。返還される金額は、訴状に貼った印紙代金の半額(ただし、印紙代金の半額が4000円に満たない場合は、収めた印紙金額から4000円を差し引いた額)です(民事訴訟費用等に関する法律9条3項1号)。

手数料還付の申立て(書式11参照)をすると、手数料還付の決定が出ます。その後、手数料還付決定書と銀行口座を指定した還付金支払請求書を裁判所の出納課に提出すると、ほどなくして指定した口座に振り込まれます。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

次世代システムの開発で各グループが死闘を展開

最近は、処理する情報量が飛躍的に増大し、処理のスピードも高速化が求められている。古いシステムにしがみついていれば、売上処理が遅れたり、会員への請求業務が滞ったりして重大なクレームとなって返ってくる恐れ …

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

貸付残高証明責任

訴訟においては、当初貸付残高がないことを原告(債務者)が証明しなければならないのか、それとも逆に当初貸付残高が存在していることを被告(貸金業者)が証明しなければならないのか、という点が問題となります。 …

no image

信販系カードは提携カードの数と種類が多いのが特色

2002年には銀行が直接発行する一部のクレジットカード(バンクカードなど)にもリボ、分割払いが認められたために、他系列とのハンディキャップは完全に解消された。これによって、欧米のように銀行が直接クレジ …

no image

新規カード会社の参入-業界の顔を脅かす存在に

成長余力が高く、イメージアップにも繋がるクレジットカード業界に進出しようと消費者金融は大手(アコム、プロミス、アイフル、三洋信販)をはじめとして活発な動きを見せていた。消費者金融市場は急拡大を遂げたが …