スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

訴訟提起後の和解、訴えの取下げと手数料(印紙代)還付

投稿日:2015年7月16日 更新日:

・訴訟提起後の和解、訴えの取下げと手数料(印紙代)還付

訴状に貼った印紙の代金は戻ってくるのですか。過払金の返還請求訴訟を起こしましたが、貸金業者から和解したいとの電話があり、少し減額して和解しました。この後、裁判の取下げはどうしたらよいでしょうか。

「回答」

訴訟提起後に和解ができたのであれば、訴えを取り下げることになります。第1回期日前(被告が本案について準備書面を提出し、弁論準備手続において申述をし、または口頭弁論をする前。民訴法261条2項)の和解であれば、原告側が訴えの取下書(書式12参照)を裁判所に提出すれば、それで終りです。

訴訟外で和解をした場合には、訴えの取下げをします。4000円以上の印紙を貼った場合で、第1回期日前に訴えの取下げをしたときは、手数料還付の申立て(書式11)をすることでその一部が戻ってきます。

被告にも判決を得る利益が生じます

第1回期日後は、被告にも判決を得る利益が生じますので、訴えの取下げには貸金業者の同意が必要となります(民訴法261条2項)。この場合、貸金業者に和解書とともに訴えの取下書を送って、ゴム印と社判を押して返送してもらい、裁判所に提出します。

印紙代が8000円以下の場合は、印紙代ー4000円となります。印紙代が8000円を超える場合は、印紙代+2円となります。なお、印紙代金は、自動的に戻ってくるのでなく、提訴した裁判所に手数料還付の申立てをしないと戻ってきません。

4000円以上の印紙を訴状に貼って提訴して、第1回期日前に訴えを取り下げた場合には、印紙代金の一部を返還してもらうことができます。返還される金額は、訴状に貼った印紙代金の半額(ただし、印紙代金の半額が4000円に満たない場合は、収めた印紙金額から4000円を差し引いた額)です(民事訴訟費用等に関する法律9条3項1号)。

手数料還付の申立て(書式11参照)をすると、手数料還付の決定が出ます。その後、手数料還付決定書と銀行口座を指定した還付金支払請求書を裁判所の出納課に提出すると、ほどなくして指定した口座に振り込まれます。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

借主返済が遅れたり返済ができなくなる場合

借主(債務者)の返済が遅れたり、借金の返済ができなくなると、貸主(債権者)は様々な方法で貸金の回収をはかろうとします。被害にあったら、基本的には、消費生活センターや弁護士など専門家に相談することをお勧 …

no image

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

・弁護士(弁護士会) 最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借 …

no image

商工ローン業者の手形貸付けに関して極度額を基準としたもの

裁判例において、信販系業者とのクレジットカード利用契約について、すべての借入れを一体としてとらえ、一口一連の金銭消費貸借契約であると認定したうえで、利率について借入限度額を基準としたもの、商工ローン業 …

no image

訴訟提起後の和解基準

過払金返還請求訴訟の現状として、裁判所の判決も圧倒的に顧客側に有利です。貸金業者であれば支払能力に問題もなく、減額和解に応じなければならない必要はありません。特段の事情がない限り、法定利率で引直計算を …

no image

4大メガバンクの下で再編が進み母体行との間で相乗効果

4大メガバンク(みずほ、三井住友、LFJ、三菱東京)の誕生の影響で、系列のカード会社の再編も進み、銀行との関係が一層緊密になったが、その過程で消えたブランドもある。一方、自動車、電気、通信、交通など各 …