スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ソロツーリングの楽しみ方

投稿日:

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されることもないから、ソロツーリングファンも多い。もともと、バイクはひとりで乗るものだし、機動性からみても、ソロでの走りがべストともいえよう。しかし、ソロツーリングのリスクは、トラブルやアクシデントの際の対応が遅れることがあることだ。

ツーリングにはいろいろあって、自分ひとりだけで楽しむソロツーリングもあれば、気の合った仲間同士でワイワイと走るグループツーリング、また、いろいろな所からツーリングで1か所に集結するミーティングなどがある。

例えば、ワインディングロードをひとりで走っていて、誤って転倒して、マシンとともにがけ下に転落してしまった場合にだれかがみていればよいが、夜間だったりクルマの交通量が少なかったりした場合は、だれにも気付かれずに終ってしまうこともある。自分で処理できればよいが、ケガをしていたり、気を失なってしまっているとそのまま死んでしまうといった実例もあるぐらいに恐い。

目的地や宿屋では

目的地や宿屋では、バイク談議に花を咲かせ、何もかもが倫快なものになってしまうから不思議だ。また、アクシデントがあっても、仲間がいると心なしか安心感が生まれ、対応もできるから心強い。このように、ツーリングといっても実にいろいろな形式があり、それぞれに楽しさや魅力を持っているので、たくさん参加して思う存分に満喫したいものだ。

ソロツーリングはこの点に注意し、責任ある行動をとることが大切になってくるのだ。これに対して、グループツーリングは2人以上でのツーリングをいい、気の合った仲間とワイワイ・ガヤガヤと行くところに楽しみがある。人数が多いと気持ちの上にゆとりができ、心も広くなった感じで仲間の走りをみながら目的地へ向けて走れるのもけっこうなものだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

二輪の半クラッチのコツ

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりす …