自動車

SLS AMGロードスターを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツコリアが、「SLS AMGロードスター」を発売した。新車はソフトトップ方式のスーパーカーでスポーツカーの原動力とオープントップドライビングの楽しさを組み合わせた。フランクフルトモーターショーで世界初公開された「SLS AMGロードスター」は、従来のAMG V8エンジンを新たにチューニングした自然吸気 ​​式6.3リッターV8フロント-ミッドエンジンが搭載されて出力が向上した、全区間で高いエンジン回転力を発揮する。

最高出力は563馬力、最大トルクは66.3kg.mに7段デュアルクラッチトランスミッションが適用された。アルミスペースフレーム車体とアルミニウムダブルウィッシュボーンスポーツサスペンションなどで車両の軽量化と剛性を高めた。ソフトトップは11秒で開閉が可能で、最大50km / hの速度で走行 ​​中働くことができる。停止から100km / hに到達する時間は3.8秒、最高速度は317km / hに達する。

一般型のドアを使用した新車は

ガルウィングドア方式のクーペモデルとは異なり、一般型のドアを使用した新車は、電動ソフトトップのためのクーペより40kgほどの重量が増加した。AMGスピードシフトDCT 7段スポーツトランスミッションは、個人の走行好みに応じてC(Controlled Efficiency)、S(Sport)、S +(Sport plus)、M(Manual)などの4つの走行モードを選択することができる。S、S +、M変速モードでは、自動ダブルディクラッチ機能が作動し、4つの変速モードでは、すべてのセンターコンソールにあるAMGドライブユニット(DRIVE UNIT)で選択することができる。

新車はエンジンをフロントアクスルの後ろに置いて前後の車両重量を47:53に配分して洗練されたステアリング、優れた駆動力、即座操舵性などの走行能力を高めた。一般的に、ロードスターモデルがクーペよりも価格が高いことを考えると、SLS AMGロードスターが発売された場合の価格でメルセデス·ベンツのラインナップの中で最も上位にリンクされるものと見られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加