スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

しつけはゆっくり生活

投稿日:

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生活をするための衛生上の習慣があります。これらは、年齢が低い子どもの場合には、すべてをお母さんやお父さんにしてもらわなければなりません。

しつけはゆっくり、急がずに生活習慣のしつけをするのはなぜでしょうか。それは、毎日の家庭生活の中でくり返されるしきたりになじみ、それを自分の力で実現できるようにすることにあるのです。

子どもの飲みたいという欲求を大切にしなければならない。眠ることにしてもそうで、両親が早く寝かしつけたいと思っても、眠くなければ寝ようとはしないでしょう。その点で、子どもの内部にある欲求を大切にすることが、その後の自発性の発達に関係します。乳児期にすでにお乳をよく飲まない子どもは、必ずお乳を強制された経験を持っています。

子どもの飲みたいという欲求をふさいでしまう

根本的には、食べることにせよ、排出することにせよ、眠ることにせよ、子ども自身の力でしているわけで、その力が発揮できるように、両親が援助をしてあげていることになるのです。お腹がすけば、飲みたいといって泣き始めます。そのときに、お乳を与えればよく、お腹がすいてもいないのにお乳を強制することは、子どもの飲みたいという欲求をふさいでしまいます。

子どもの感覚機能や運動機能の発達とともに、そして、自発性の発達とともに、子どもは自分で食事をすることに興味を持ち始めます。子どもに興味がでたときにしつけをすることが、最もよい教育のチャンスです。しかし、子どもの技術は非常に未熟です。早く食べたいと思うと、手を使うでしょう。食べ物をぼろぼろこぼすでしょう。手を出した瞬間に、汁物をこぼしてしまうことがあるでしょう。そのときに、じょうずに扱うことが大切です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生後1ヶ月以降の赤ちゃん

生後八週日あたりになると、赤ちゃんは周りの世界を新たな方法で認識し始めます。うまく説明するのは難しいですが、その変化には視覚だけでなく、赤ちゃんのあらゆる感覚も含まれているのです。多くの母親は、赤ちゃ …

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

妻の気持ちが分からない夫にならないで

夫であり妻であるという関係をよいものにしていくことが、子どもの人生を幸福にしていく出発点になるということをしっかり心に刻んでいただきたい。相手の生いたちや育った環境を思い、その影響を理解してみましょう …

no image

赤ちゃんはママの手が大好き

一般に、赤ちゃんはママの手が大好きで、触ったり撫でたりして、しっかり観察しようとします。あなたの赤ちゃんもあなたの手で遊ぶのが好きならば、手の平や手の甲が見えるようにゆっくり回してあげましょう。そして …

no image

子供を無理やりに型にはめるやり方で育てるのはよくない

小さい頃から親があれこれと手出しをしたり、「このような人にしよう」と無理やり型にはめる必要は一切ない。親の思いが圧力となって、子どもが苦しむことになりかねません。常に子どもの気持ちを大切にしながら進ん …