スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

しつけはゆっくり生活

投稿日:

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生活をするための衛生上の習慣があります。これらは、年齢が低い子どもの場合には、すべてをお母さんやお父さんにしてもらわなければなりません。

しつけはゆっくり、急がずに生活習慣のしつけをするのはなぜでしょうか。それは、毎日の家庭生活の中でくり返されるしきたりになじみ、それを自分の力で実現できるようにすることにあるのです。

子どもの飲みたいという欲求を大切にしなければならない。眠ることにしてもそうで、両親が早く寝かしつけたいと思っても、眠くなければ寝ようとはしないでしょう。その点で、子どもの内部にある欲求を大切にすることが、その後の自発性の発達に関係します。乳児期にすでにお乳をよく飲まない子どもは、必ずお乳を強制された経験を持っています。

子どもの飲みたいという欲求をふさいでしまう

根本的には、食べることにせよ、排出することにせよ、眠ることにせよ、子ども自身の力でしているわけで、その力が発揮できるように、両親が援助をしてあげていることになるのです。お腹がすけば、飲みたいといって泣き始めます。そのときに、お乳を与えればよく、お腹がすいてもいないのにお乳を強制することは、子どもの飲みたいという欲求をふさいでしまいます。

子どもの感覚機能や運動機能の発達とともに、そして、自発性の発達とともに、子どもは自分で食事をすることに興味を持ち始めます。子どもに興味がでたときにしつけをすることが、最もよい教育のチャンスです。しかし、子どもの技術は非常に未熟です。早く食べたいと思うと、手を使うでしょう。食べ物をぼろぼろこぼすでしょう。手を出した瞬間に、汁物をこぼしてしまうことがあるでしょう。そのときに、じょうずに扱うことが大切です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

子供が買い物で食べ物などをねだる行為

赤ん坊でも、八、九ヵ月になれば、お腹がすいて泣いていても、「もうすぐできるから、待っていてね」といいますと、その言葉の意味はわからなくても、その声の調子で、ちょっとの間は待つことができるようになります …

no image

赤ちゃんの感覚の急速な発達

赤ちゃんも生後2ヶ月くらいになると、赤ちゃんの感覚は急速に発達し、周りの世界に対して強い興味を示すようになります。多少とも好奇心が旺盛になりますが、当然赤ちゃんによってそれぞれ好みがあります。視覚の発 …

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

赤ちゃんを観察してみましょう

赤ちゃんの前にぶら下げたオモチャの方へ両手を伸ばし、オモチャの片側に左手を、もう片側に右手をもっていって両手を同時に閉じようとしました。ところが、オモチャは手からスルリと抜けてしまった。赤ちゃんがとて …