スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

しつけはゆっくり生活

投稿日:

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生活をするための衛生上の習慣があります。これらは、年齢が低い子どもの場合には、すべてをお母さんやお父さんにしてもらわなければなりません。

しつけはゆっくり、急がずに生活習慣のしつけをするのはなぜでしょうか。それは、毎日の家庭生活の中でくり返されるしきたりになじみ、それを自分の力で実現できるようにすることにあるのです。

子どもの飲みたいという欲求を大切にしなければならない。眠ることにしてもそうで、両親が早く寝かしつけたいと思っても、眠くなければ寝ようとはしないでしょう。その点で、子どもの内部にある欲求を大切にすることが、その後の自発性の発達に関係します。乳児期にすでにお乳をよく飲まない子どもは、必ずお乳を強制された経験を持っています。

子どもの飲みたいという欲求をふさいでしまう

根本的には、食べることにせよ、排出することにせよ、眠ることにせよ、子ども自身の力でしているわけで、その力が発揮できるように、両親が援助をしてあげていることになるのです。お腹がすけば、飲みたいといって泣き始めます。そのときに、お乳を与えればよく、お腹がすいてもいないのにお乳を強制することは、子どもの飲みたいという欲求をふさいでしまいます。

子どもの感覚機能や運動機能の発達とともに、そして、自発性の発達とともに、子どもは自分で食事をすることに興味を持ち始めます。子どもに興味がでたときにしつけをすることが、最もよい教育のチャンスです。しかし、子どもの技術は非常に未熟です。早く食べたいと思うと、手を使うでしょう。食べ物をぼろぼろこぼすでしょう。手を出した瞬間に、汁物をこぼしてしまうことがあるでしょう。そのときに、じょうずに扱うことが大切です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の探検心が強くなったら

探検心が強くなりますと、友だちといっしょに、遠出をしたくなるものです。かなりの道のりを歩いて、探検してくることがあります。その際、時計を持っていないものですから、時間の配慮ができず、夜おそくなってから …

no image

新生児は目が見えないと考えられていたが

少し前まで、科学者や医師たちは新生児の目が見えないと考えていましたし、今でもそう信じている人もいます。これはとんでもない間違いです。多くの母親はこの考え方に、ずっと反対してきましたが、後にそれが正しい …

no image

自己主張できないことは困難

二年ほど前のこと、私は西ドイツとオーストリアに四十日ほど滞在し、向こうの友だちの家に泊ったりしていました、というある人。欧米のレストランでは、必ずニューをお客さんの一人一人に渡します。それを受け取った …

no image

自分はどういう親から生まれてきたのかを整理する作業

数えることすらできないほどの数の祖先たちの論が紡がれ、あなたは存在している。あなた自身もその命のリレーの紡ぎ手なのです。それだけでもあなたがこの世に存在する大きな大きな意義があります。親がいたからこそ …

no image

赤ちゃんは一人で立つのが好きですか?

赤ちゃんは一人で立っているのが好きですか?体のバランスはとれますか?もし、赤ちゃんが嫌がっているようなら、無理やり赤ちゃんを立たせようとはしないで下さい。赤ちゃんを驚かせることにもなって、正常な発達を …