スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

投稿日:

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子になったらどうしよう」と、心のどこかでいつも怯えを抱えているように感じるのです。

思春期に暴れてしまう子供には、罵声を浴びせられても、それは今の子どもの心の苦しみの吐露なのだと思って聞いてやりましょう。「そこまで怒らせてしまったんだね。そこまで私が憎かったのね。本当にごめんなさいね」と詫びて、「今までよく我慢してくれたね」と感謝してください。

「あなたがこうやっていてくれて、あなたのおかげでお母さん(お父さん)はいろいろなことを勉強させてもらえてありがたいと思っているの」「暴れようと何しようと、お母さんたちはあなたのことが大好きなの。本当につらい思いをさせてしまってごめんね」「おまえが何をしようと、お母さん(お父さん)たちにとっておまえの値打ちは変わらないよ」このように言い続け、「お母さん(お父さん)たちはどうすればいい?どうしてあげたらいい?」と子どもに教わっていけば、子どもはわかってくれます。

心から素直に詫びる親をバカにする子はいない

心から素直に詫びる親をバカにする子はいません。子どもにしても、そうなりたくてなったわけではないのです。親が責めれば子どもは刃向かいますし、親が詫びれば子どもは許します。そういうものなのです。

特に家業を継がせるためには強制ではなく、話し合いが大切なのです。その気持ちを忘れずに、もう一度子どもに甘え直しをさせ、温め直してあげることで、荒れてしまった子どもたちも立ち直っていくことができます。どんなに表面は荒れても子どもは心の中では本当に親を思っているのです。親が幸せでなければ子ども自身も幸せではないのです。親の幸せを心から祈っているのが子どもという存在です。それを決して忘れないようにしてください。最後に、《和解できた父と子》のお話です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …

no image

子供が自分でやると言い出したら

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るよう …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …

no image

そのときのお母さんの気持ちを想像してみること

ある男性のご相談者。小さい頃、お父さんに連れられてお祭りに行き、帰りにオモチャを買ってもらったそうです。それがうれしくて帰ってからお母さんにオモチャを見せたところ、お母さんは「よかったね」と言ってくれ …

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …