子育て

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子になったらどうしよう」と、心のどこかでいつも怯えを抱えているように感じるのです。

思春期に暴れてしまう子供には、罵声を浴びせられても、それは今の子どもの心の苦しみの吐露なのだと思って聞いてやりましょう。「そこまで怒らせてしまったんだね。そこまで私が憎かったのね。本当にごめんなさいね」と詫びて、「今までよく我慢してくれたね」と感謝してください。

「あなたがこうやっていてくれて、あなたのおかげでお母さん(お父さん)はいろいろなことを勉強させてもらえてありがたいと思っているの」「暴れようと何しようと、お母さんたちはあなたのことが大好きなの。本当につらい思いをさせてしまってごめんね」「おまえが何をしようと、お母さん(お父さん)たちにとっておまえの値打ちは変わらないよ」このように言い続け、「お母さん(お父さん)たちはどうすればいい?どうしてあげたらいい?」と子どもに教わっていけば、子どもはわかってくれます。

心から素直に詫びる親をバカにする子はいない

心から素直に詫びる親をバカにする子はいません。子どもにしても、そうなりたくてなったわけではないのです。親が責めれば子どもは刃向かいますし、親が詫びれば子どもは許します。そういうものなのです。

特に家業を継がせるためには強制ではなく、話し合いが大切なのです。その気持ちを忘れずに、もう一度子どもに甘え直しをさせ、温め直してあげることで、荒れてしまった子どもたちも立ち直っていくことができます。どんなに表面は荒れても子どもは心の中では本当に親を思っているのです。親が幸せでなければ子ども自身も幸せではないのです。親の幸せを心から祈っているのが子どもという存在です。それを決して忘れないようにしてください。最後に、《和解できた父と子》のお話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加