ニキビ

白ニキビから赤ニキビなどへの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビで悩んでいる人はもうすでに御存知かもしれませんが、ニキビにはその症状の段階によっていくつかの種類に分けることができます。〇白ニキビ〇黒ニキビ〇赤ニキビと呼ばれるもので、右から左へいくほど症状が悪化しています。

ニキビができるのは毛穴の出入り口が、皮脂(分泌される脂質)やアカなどでフタがされたように詰まり(角栓形成)、ニキビとなります。ニキビはアクネ・ブルガリスという学名で呼ばれる皮フの病気です。白ニキビを放置すると黒ニキビとなり、さらに赤ニキビや黄ニキビへと悪化することになります。

医学的には面腕(コメド)と呼ばれており、この状態がニキビの基本的な症状といえるでしょう。この白ニキビが悪化して、黒ニキビや赤ニキビ、黄ニキビとなっていきます。白ニキビはこの状態のニキビです。この状態では毛穴が詰まっているために、皮脂が分泌されても外に排出できなくてどんどんたまっていきます。毛穴の部分が白く膨れているようなニキビがこの段階です。

黒ニキビや赤ニキビ

白ニキビの状態から、汚れが詰まった毛穴をふさいでいる栓が古くなってかたまってしまったのが黒ニキビということができるでしょう。いわゆる「毛穴の汚れ」と呼ばれている黒いブツブツのものも黒ニキビの仲間です。ニキビの初期症状の段階で治療できるならそれが一番なのですが、そのまま放置して悪化させると次の段階へと移行していきます。黒ニキビ白ニキビは毛穴の詰まった状態です。この状態で、毛穴の中に詰まった皮脂やアカなどが酸化して黒く固まり、毛穴の出入り口の部分が黒く見える状態が黒ニキビです。

黒ニキビは鼻の先などにいくつも集まってできていることもあります。さらに白ニキビや黒ニキビでは毛穴に皮脂などの汚れがたまっていくのですが、この汚れにアクネ根菌(ニキビ根菌)などの細菌が繁殖して赤ニキビになります。白ニキビや黒ニキビが炎症を起こして悪化すると赤ニキビとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加