スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

失敗を恐れた母親がそれを克服

投稿日:

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人にしても完璧な人などいないのですから、ましてや完壁に何でもできる子どもなどいるはずはありません。

「失敗」を恐れているお母さんのいかに多いことか。今この子がこんなことすらできないと、私の育て方が悪かったからだと思われてしまうのではないか。このように思って、「しつけや教育がきちんとできていないお母さん」「子育てに失敗しているお母さん」に見られたくないという気持ちを募らせ、自分で自分を苦しくしてしまっている方もいます。またこうしたお母さんほど、ダメなところや失敗を人に知られまいと必死になり、表面を取り緒おうとしがちです。

子どもはできなくて当たり前なのです。子どもができないのはお母さんの子育ての失敗でも、しつけや教育の不備不足でもないのです。それに子どもによかれと思ってやっているのにそれがどうにもうまくいかないときは、隠そうとするよりさらけ出してしまったほうが気持ちはうんとラクです。

挨拶ができない子のままでした

うちの子はご挨拶もできない子だと思われたくなかった私は、いつも娘に代わって真っ先に挨拶をするようにしていたのです。お友達親子と会ったときも『〇ちゃん、こんにちは』と私が先に声をかければ、子どもが挨拶ベタであることを知られずにすみます。けれども、そのため娘はいくつになっても挨拶ができない子のままでした、とある人。

「うちの子、三歳半になるのにまだオムツがとれないのよ。どうしたらいいのかしら?」と言ってしまったほうが、心はラクになれます。ある方の経験ですが、「娘は引っ込み思案で挨拶もよくできない子でした。

あるとき、こんなことを続けて挨拶ができないままだったら、どんなに私が取りつくろおうとも、いつかどこかでバレるに決まっていると気づいたのです。だったらもう全部さらけ出して、うちの子はまだご挨拶もろくにできないのよと言ってしまったほうがいいわと思い、実際そのようにしてみたら、よほどラクであることがわかりました、とのことでした。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新た …

no image

真・善・美・宗教などとかかわりのある感情

子どもに関係することとして、例えば、どのような小学校がよい学校かーという相談をお母さんから受けることがあります。すでに、お母さん自身が決めていて、〇〇小学校はよい学校と聞いていますがーといった話を持ち …

no image

赤ちゃんは会話できないと思っていませんか?

言葉によるキャッチボールができない赤ちゃんといえども、お母さんの気持ちは敏感に感じ取っています。赤ちゃんが一所懸命話しかけているのにお母さんは知らん顔、「どうせ話しかけても何を言っているかわからないか …

no image

子供の欲望を満たし続けてしまうと

母親が子供の欲望を満たし続けていますと、子どもの年齢が上昇するにつれて、欲望の対象が高価なものになりますから、大へんです。小学校の高学年や中学生になると、カメラを買ってほしい、自転車を買ってほしい、バ …