スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

失敗を恐れた母親がそれを克服

投稿日:

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人にしても完璧な人などいないのですから、ましてや完壁に何でもできる子どもなどいるはずはありません。

「失敗」を恐れているお母さんのいかに多いことか。今この子がこんなことすらできないと、私の育て方が悪かったからだと思われてしまうのではないか。このように思って、「しつけや教育がきちんとできていないお母さん」「子育てに失敗しているお母さん」に見られたくないという気持ちを募らせ、自分で自分を苦しくしてしまっている方もいます。またこうしたお母さんほど、ダメなところや失敗を人に知られまいと必死になり、表面を取り緒おうとしがちです。

子どもはできなくて当たり前なのです。子どもができないのはお母さんの子育ての失敗でも、しつけや教育の不備不足でもないのです。それに子どもによかれと思ってやっているのにそれがどうにもうまくいかないときは、隠そうとするよりさらけ出してしまったほうが気持ちはうんとラクです。

挨拶ができない子のままでした

うちの子はご挨拶もできない子だと思われたくなかった私は、いつも娘に代わって真っ先に挨拶をするようにしていたのです。お友達親子と会ったときも『〇ちゃん、こんにちは』と私が先に声をかければ、子どもが挨拶ベタであることを知られずにすみます。けれども、そのため娘はいくつになっても挨拶ができない子のままでした、とある人。

「うちの子、三歳半になるのにまだオムツがとれないのよ。どうしたらいいのかしら?」と言ってしまったほうが、心はラクになれます。ある方の経験ですが、「娘は引っ込み思案で挨拶もよくできない子でした。

あるとき、こんなことを続けて挨拶ができないままだったら、どんなに私が取りつくろおうとも、いつかどこかでバレるに決まっていると気づいたのです。だったらもう全部さらけ出して、うちの子はまだご挨拶もろくにできないのよと言ってしまったほうがいいわと思い、実際そのようにしてみたら、よほどラクであることがわかりました、とのことでした。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

口達者で頭のよい子供に見えても

近ごろの子どもを見ていますと、三角形が逆になっています。逆三角形です。つまり、ものはよく知っていますし、口は達者なので、頭のよい子のように見えますが、自発性の発達がおくれており、情緒は不安定なのです。 …

no image

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えな …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …