スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

哲学入門

真実の絶対者は一切の実在性を自己のうちに含むもの

投稿日:

真実の絶対者は一切の実在性を自己のうちに含むものであり、したがって有限者に対立するものではなく、むしろあらゆる有限者を自己のうちに包括するものでなければならた真実の絶対者は有限者を自己のうちに含むものとして考えられた無限者、真無限、である。

へーゲルは決して個人の問題を無視していたわけではない。個と全との対立の問題を当然のこととして考えている。『へーゲルによれば、有限者を超越し有限者から断絶した絶対者というごときものは実は真の意味において絶対者といわるべきものではない。何となればかかる絶対者にとっては有限者はその外部に存在すると考えられなければならないが、かく有限者を自己の外部に有するものとは単に有限者に対立するものであり、したがってそれ自身一つの有限者に外ならないからである。

真無限は無限者と有限者との対立、すなわち悪無限と有限者との対立を越え、この両者を自己のモメントとして含んでいるところのものでシ無限者はそれ自身においてすでに無限であると同様に有限。

精神は歴史全体を貫いて存在する

ところで、かれによると、絶対者すなわち精神は歴史全体を貫いて存在する。歴史性をいうことは絶対者の本質である。へーゲルにあっては歴史というものが哲学の中心課題であり、神は世界精神として現われる。

へーゲルの場合の自由とは、人間各個人の実践的事実としての自由ではなくて、精神あるいは神自身の自由である。特にかれの哲学においては、人間理性の内在的生活活動において、国家は最高の地位を占める。

世界歴史というものは、現実には、人間自身の営みの世界である。個々の人間は必然性によって決定されてしまうという側面のあることは否定できないが、しかしそれにもかかわらず、人間各個人は、何をなすべきかという行為の決断を自由になさねばならない。

国家は道徳的理念の実現であり、可見的となった民族精神で、むろん国家の目的は、それの包む小さな諸々の社会や個人の支持なくしては実現され得ないということを、かれも承認してはいたのであるが、かれは、それを重んじなかった。したがってへーゲルの理性的思惟に対する反援は、当然、反普遍、すなわち個別の尊重となる。

-哲学入門

執筆者:

関連記事

no image

男に関係するすべてがプラスの価値をもっている

トランクスをはいている若い女性はファッショナブルであるけれど、ブラジャーやパンティーを身につけている青年は「変態」である。ミルク飲み人形の髪をとかしお母さんごっこばかりする男の子に親は心を悩ませる。 …

no image

自己の探求は古代のギリシア哲学においても重要なテーマ

自己の探求は、古代のギリシア哲学においても重要なテーマであった。へーラクレイトスは「わたしはわたし自身を探求し」と言った。テネースは、哲学の目的は「自分自身とまじわる能力」だと考えていた。 〈自己〉と …

no image

アートマンなる実体には本来唯一性と雑多性とが存在

シャンカラの伝えているところによると、パルトリプラパンチャはアートマンに関して次のような議論を述べていた。『アートマンなる実体には、本来唯一性(ekatva)と雑多性(nanatva)とが存在する。た …

no image

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのちに

ゴータマ・ブッダはべチレスにとどまっていたのち、かつてさとりを開いた場所であるウルヴェーラーに向って旅に出た。あるとき、かれは道を離れて一つの密林のところに到り、その中に入って一樹のもとに巫した。 そ …

no image

「我」と「吾」は「自身」「自己」の意味

「我」と「吾」とがつねに厳密に区別されているわけではないけれども、傾向としては、そのように言うことができるであろう。ゆえに往昔のシチの翻訳僧もアートマンの直接の定義は、今日の日本語でいう「自身」「自己 …