スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

投稿日:

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりしたならば、その子どもの年齢いかんにかかわらず、何らかの方法で身体接触を実現したり、二人だけで旅行をするなどして、子どもからの信頼を回復することに努力すれば、年月はかかりますが、問題行動が消失するものです。

お母さんの関心をひくために、裸で戸外に飛び出し、精神病と疑われた例があります。しかし、本人に会って話をきいてみますと、本当のお母さんとは思えないといっていましたし、幼いころにほとんど身体接触がなかったことがわかりました。

一〜三歳で身体接触が許されず、そのまま成長して思春期になった子どもの中に、何かの原因で挫折感を持つと、お母さんに身体接触を求めることがあります。お母さんの後追いをしてそのからだにふれようとしたり、お母さんの寝床の中にもぐり込んでくることさえある。それが女の子であると、許してあげることができやすいのですが、男の子の場合には、それができにくいものです。

子どもからの信頼を築くために

お母さんは、子どもからの信頼を築くために、身体接触をしたり、二人で旅行に出るなどの努力をした結果、すっかり行動が落ちっきました。しかし、それには一年余りもかかっています。非常に根気がいります。ですから、早い時期に、それを発見することが必要です。

幼稚園や小学校低学年の子どもですと、園や学校から帰ってきたときに、ひざの上に抱いてあげていると、三カ月ぐらいで、お母さんに対する信頼が、強くなってきます。信頼関係ができ上がると、もはやお母さんのひざはいらなくなってしまいます。子ども自身、ひざにのらなくなってきます。ただし、お母さんの中には、いやいやひざにのせている人がいます。つまり、われわれにそれを提案されているからやってあげているーというわけです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

叱られるのがうれしい子供はいない

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子にな …

no image

人生は喜びに満ちていると子どもに教えてあげましょう

親である自分も、そしてわが子もせっかくこの世に生まれたのです。一回限りの人生を生きているということを思えば、どうせなら楽しく喜びに満ちた人生を生きていきましょう。子どもにも楽しく喜びに満ちた人生を生き …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …

no image

赤ちゃんは危険な物でもすぐに魅力を感じるので注意

赤ちゃんのいたずらに耐えるように家の中を片付けておく。赤ちゃんは危険な物でも、すぐに魅力を感じるので注意して下さい。電気のコンセントや排水管、犬の口など、どんな物でもそこに穴やすき間があれば、舌を入れ …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …