スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

新生児は目が見えないと考えられていたが

投稿日:

少し前まで、科学者や医師たちは新生児の目が見えないと考えていましたし、今でもそう信じている人もいます。これはとんでもない間違いです。多くの母親はこの考え方に、ずっと反対してきましたが、後にそれが正しいことが分かったわけです。新生児は完全な観方をもっていますが、見える範囲はわずか二〇〜二五センチまでにすぎません。この距離を越えると焦点が合わず見えないようです。

新生児は、すでに聴覚や嗅覚、味覚をもっていて、どんな種類の感覚でも働かせることができますし、それをしっかり覚えておくこともできます。これらの感覚の受け取り方が、新生児の場合は、ふつうとはかなり異なっている。

ときどき、両眼で焦点を合わすこともありますが、うまく焦点が合うと注意深く対象物を見つめます。また、何かを見ようとして、心を集中するために一瞬、体の動きを止めることさえあります。

単純な形の物を目で追いかけるのは

赤ちゃんにとって単純な形の物を目で追いかけるのは、容易なことです。基本的に人間の顔の特徴をもった形、例えば、ちょうど目とロのように、上に二つの大きな点があり下に点が一つあるものなどです。

多くの赤ちゃんは目をバッチリ開き、しっかり目覚めています。パパやママは赤ちゃんのあどけない大きな目に、うっとり魅せられることがよくあります。新生児はどことなく人間の顔に似ている物なら何でも目で捉えようとするのです。赤ちゃんは暗い色やモノトーン(自黒)より、明るい鮮やかな色を好みます。中でも赤がお気に入りで、特に強いコントラストのあるものを喜びます。

注意深い赤ちゃんであれば、オモチャなどを水平方向や垂直方向に動かした時、目や頭、あるいはその両方を動かして移動するオモチャのあとを追いかけることもあります。この時、注意すべきことは、物をゆっくり動かすことと、規則正しい動きをすることです。しばらくして、赤ちゃんがオモチャの行く先を見失ったなら、さらにゆっくリオモチャを動かして、再び赤ちゃんの自がそれを避えるようにしてあげましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お母さん自身が愛情という心のご馳走をもらっていなければ

あるお母さんは、小学校三年生になるお嬢さんが人間関係がうまくつくれず、そんな自分を責めて自虐的な行為を繰り返すようになってしまったという。お嬢さんには大きな期待をかけ、激しく叱りつけながら、ご自分の期 …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …

no image

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。 あなたの赤ち …

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …