スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

投稿日:

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセージを運ぶことを理解できない。

私たちはそれぞれの感覚の違いを知っていますし、それを分類することもできますから、感覚神経から送られてくるメッセージを読み取り、それが何であるのか理解することができる。これに対して、新生児はこのような感覚の区別や分類ができない。この世界を一つのまとまった宇宙として、いうならば、たった一つの要素が変わるだけで、たちまちその世界も変化してしまうような感覚の寄せ集めとして認識しているのかもしれません。

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類したりできないだけでなく、自分の肉体から生じた感覚と外部からもたらされた感覚との違いを読み取ることもできません。赤ちゃんにとっては、外の世界と自分の肉体は一体化したものであり、外界で生じた事は自分の肉体で生じた事と同じなのです。

そこには確かな理由があった

赤ちゃんはこの世界と自分自身とを一つの物として認識しているので、自分がなぜ泣くのか分からないこともよくある。いずれにせよ、赤ちゃんが大声で泣き出して両親を苛立たせ困らせることがあっても、そこには確かな理由があった。

この世界は嗅覚、視覚(色)、聴覚、味覚、触覚などが大きなひとかたまりになったものかもしれません。近くにどんな人がいようと、どんな物があろうと、赤ちゃんが肉体で感じるものとすべて同じものに感じられ、その世界では煩わしさや飢え、暑さや湿気、疲れ、あるいは美味しさといったさまざまな感覚がふつうに働くのです。

新生児は独自の世界で生きていくために必要な物をすべてもっている。もし、あなたが赤ちゃんと同じように、この世界と自分とを一体化して認識したなら、自分一人では何もできなくなってしまうでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母子関係を育てるには

お母さんに内緒に物を与えることなどは、子どもを陰日向のある人格、つまり二重人格を作っているようなもの。とくに、孫を独占してしまうようなことがあると、母子関係が育ちません。お母さんは、お年寄りが甘やかし …

no image

子どもの一人遊びは口を出さずに放置したほうがいい

両親は、身勝手に、自分の手のあいているときに、子どもの相手をしたがります。そのような両親は、子どもが一人遊びを楽しんでいるときに、それに割り込んでいくでしょう。それを子どもがうるさがるようなことがある …

no image

あなたの赤ちゃんが声を出すのが楽しいなら

ふつう、赤ちゃんは機嫌がよければ、ママとおしゃべりすることが何より大好きです。とりわけ、赤ちゃんが声を出してあなたの注意を引こうとする時にはそうです。たぶん、あなたはいつもより少し甲高い声で赤ちゃんに …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …

no image

赤ちゃんの発見を分かち合おう

赤ちゃんの発見を分かち合おう。目新しいことが好きですから、新しく身に付いた能力や赤ちゃんの好奇心にあなたが反応を示してやることはとても大切なことです。そんな新たな発見を赤ちゃんとともに分かち合うことは …