スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

信号での右折、左折、直進などの走り方

投稿日:

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車輌の向こう側には、オートバイがフル加速で交差点を直進しようとしている場合もあるので、必ず安全確認をしてから動作にかかることだ。

オーバーハングの大きいバスや大型トラックが、大回りで左折しようとするとき、インをついて回り込んだりするのは、マナーに反するだけでなく、万一転倒した場合、完全に車体の下にもぐり、後輪にひかれる危険性が高いので、絶対にやめるべきである。

歩行者にカッコいいところを見せようとして、先頭で飛び出しヒラリとバンクさせたりすると、オイルに乗って、みじめな転倒をひき起こすことにもなりかねない。道路の左端や横断歩道は、トラックなどの落下物、オイル、水などが多く、必ずしもグリップがよいところではないということを忘れないでほしい。

横断歩道で注意すべきことは

また、横断歩道で注意すべきことは、停止するか、しないかという意志表示を、歩行者と後続車に明確にすることである。停止して歩行者を横断させる場合は、ブレーキランプを点滅させるように踏んだり、左手で合図をしたりして、止まることを知らせる。自分勝手に突然停止したりすると、追突されることもあるので、歩行者だけでなく、後続車の動向にも注意して止まることだ。

センターライン寄りの1車線が右折ラインなら、並んでいる四輪車の左側へ位置して右折すると視界がよく、直進車の確認もしやすい。右側に位置した場合は、ブラインドとなるので、四輪車の動向に従わなければならないが、この場合は四輪を循にして曲がるとよい。右折ラインが2車線以上ある場合は、外側の車線を通るほうが自由度も高く、曲がりやすい。

停止せずに通過する場合、歩行者の態度が中途半端でわかりにくいときは、ファッシングしたり、ホーンを鳴らしたりして、先行するという意志表示をする。四輪車に追従している場合は、先行車が急ブレーキで停止することも十分考慮して通過するようにしよう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

フットレスト&ハンドなどのバイクの構造

・フートレスト&ハンド オートバイは、フートレストの位置とハンドルの形状によって、用途にマッチしたライディングホジションが確保されている。この2つは、非常に重要な部分であり、フートレスト位置やヘンドル …

no image

レインウェアの選び方-バイク用

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったもの …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …