スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

新たな借入れは順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価される

投稿日:2015年8月4日 更新日:

10年以上前にいったん完済し、その後取引が中断した後、再び同じ業者から借り入れた場合について(便宜上、いったん完済した借入れを第1借入れ、その後の借入れを第2借入れといいます)、この場合、第1借入れにつきいったん完済し、その時点からは10年以上経過しており、消滅時効が問題となります。

この問題は、取引の一体性の議論と大きく関係します。いったん完済していたとしても、借主の合理的意思や、当事者間の衡平を図る観点から、第1借入れと第2借入れを分断すべきでなく、再度借入れした時点で、第1借入れで発生した過払金は第2借入れの貸付金元本に充当されます。その結果、この場合も取引が継続していた場合と同様に処理されることとなり、過払金が時効消滅することはありません。

取引関係の清算が始まった時点(弁護士の受任通知を送付した時点など)から起算するものと、継続的金銭消費貸借契約に基づき借入れと返済とが繰り返して行われてきたものであることを理由として最終取引日の翌日から起算するものがあります。

第2借入れをする時点の債務者の意思としては

新たな借入れは、順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価されるとし、直近の借入れの時点で時効が中断されているとする判決、長期の支払いとなったのは貸金業者の態度が原因であった等として貸金業者側からの時効援用は信義則上許されないとした判決があります。

仮に第1借入れと第2借入れにつき一体の取引と認めない立場であっても、また第2借入れにつき法定利率で引直計算しても過払金が発生しておらず債務が残っている場合には、第1借入れで発生した過払金と第2借入れの残債務を相殺するとの処理により、当然充当した結論と同じ結果を得ることができます。

第2借入れをする時点の債務者の意思としては、過払金が発生している取引と、第2借入れに始まる取引の併存を望まないのが通常ですから、この時点で、黙示の相殺の意思表示があったと主張することができます。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

・弁護士(弁護士会) 最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借 …

no image

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュー …

no image

従前に取引のあったことの証明

貸金業者は、借入れ・返済のあったときは、これを帳簿に記録として残す法律上の義務があるので、借入れ・返済が過去の一時点であったことが証明されれば、その前後の取引を記録した文書を所持していたことは明白にな …

no image

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例として、商工ローン関係の判例では東京高裁平成14年判決、大阪高裁平成14年1などがあります。サラ金関係では、約2年4カ月の空白期間がある場合に、第 …

no image

調査嘱託申立ては裁判所に申立書を提出して行う

原告が、銀行等の金融機関の預金口座からの引落しにより返済をしている場合や、預金口座への振込みによって貸付けを受けていた場合、原告の預金口座のあった取引金融機関に対する調査嘱託を申し立て、貸付けと返済の …