スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

叱られるのがうれしい子供はいない

投稿日:

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子になる理由は、まさにここにあります。

困っている状況はいろいろでも、お母さん方の言葉の多くは、「言うことを聞いてくれない。聞かせるにはどうしたらいいでしょうか?」「いくら叱っても直らないのですが、どうしたらいいでしょうか?」というところに集約されていくことがほとんどです。聞き分けがいい子にするにはどうしたらいいのか、親として何をするとよいのか、それを教えてほしい。

よかれと思っているしつけが、かえって子どもをよくない子にしてしまう。なかには「いくらダメと言っても聞き分けがなくて本当に困っています。ときに手をはたいたり、お尻をぶったりして教えているんですが、ちっとも効き日がありません」と言われ、お子さんの年齢を尋ねると「一歳半です」と返事が返ってきて、思わず言葉を失なうこともあります。

叱られてうれしい子はひとりもいない

叱られてうれしい子はひとりもいません。大好きなお母さんから、ガミガミ叱られることで「ボク(ワタシ)はお母さんに好かれている」と実感する子はいません。わが子を愛するからこそ、立派になってほしいからこそ、叱ってしつけているんだと親の側が思っているとしても、その愛は叱ることでは子どもに伝わっていかない。

わが子がかわいくない親はいません。わが子にはいい子に育ってほしいと誰もが願っているはずです。ですから、ちゃんとしつけてちゃんと育てようと思うのですが、それならばまず「叱るしつけ」は逆効果といえるでしょう。

いつもいつも叱られてばかりいる子は、悔しい気持ち、悲しい気持ち、寂しい気持ちでいっぱいになってしまいます。「お母さんをそんなに怒らせちゃう自分がいけないんだ」と罪悪感をもってしまいます。心の中が寂しくて、満たされなくて、罪悪感と不安で心がヨロヨロになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、 …

no image

子育てに不安を感じているお母さん達へ

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」 …

no image

子供の反抗期やいたずらのすすめ

いたずらを大切にしているお母さんやお父さんは、子どもがいたずらをしている姿の中に意欲が現われ、創造性の芽ばえが現われていることに感動するでしょう。楽しむことができる両親は、子どものいたずらを認めること …

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

子供に車の危険性をしっかりと教えておこう

「バックミラーは何のためについているのだろうか?」と子どもたちにきいたところ、「お巡 りさんが来ないかを見る」と答えた子どもがいました。明らかに、お父さんの運転するときの態度が子どもに反映しています。 …