スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

叱られるのがうれしい子供はいない

投稿日:

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子になる理由は、まさにここにあります。

困っている状況はいろいろでも、お母さん方の言葉の多くは、「言うことを聞いてくれない。聞かせるにはどうしたらいいでしょうか?」「いくら叱っても直らないのですが、どうしたらいいでしょうか?」というところに集約されていくことがほとんどです。聞き分けがいい子にするにはどうしたらいいのか、親として何をするとよいのか、それを教えてほしい。

よかれと思っているしつけが、かえって子どもをよくない子にしてしまう。なかには「いくらダメと言っても聞き分けがなくて本当に困っています。ときに手をはたいたり、お尻をぶったりして教えているんですが、ちっとも効き日がありません」と言われ、お子さんの年齢を尋ねると「一歳半です」と返事が返ってきて、思わず言葉を失なうこともあります。

叱られてうれしい子はひとりもいない

叱られてうれしい子はひとりもいません。大好きなお母さんから、ガミガミ叱られることで「ボク(ワタシ)はお母さんに好かれている」と実感する子はいません。わが子を愛するからこそ、立派になってほしいからこそ、叱ってしつけているんだと親の側が思っているとしても、その愛は叱ることでは子どもに伝わっていかない。

わが子がかわいくない親はいません。わが子にはいい子に育ってほしいと誰もが願っているはずです。ですから、ちゃんとしつけてちゃんと育てようと思うのですが、それならばまず「叱るしつけ」は逆効果といえるでしょう。

いつもいつも叱られてばかりいる子は、悔しい気持ち、悲しい気持ち、寂しい気持ちでいっぱいになってしまいます。「お母さんをそんなに怒らせちゃう自分がいけないんだ」と罪悪感をもってしまいます。心の中が寂しくて、満たされなくて、罪悪感と不安で心がヨロヨロになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …

no image

甘えられる人・環境を作ることの重要性

外の世界は平らな道ばかりではありません。険しい頂を抱える大きな山がいくつもあり、その山を越えていかなければ先に進めないということもいっばい出てきます。その山を登り切り乗り越えていくエネルギー、厳しい寒 …

no image

思春期の子供に対する接し方

思春期特有の反抗期と違う点は、親に対する態度や表情に明らかな怒りや憎しみを見せるという点です。親にやたらと反抗的になる。汚い言葉や乱暴な言葉を口にするようになる、食事をとらない、勉強もしない、ドアを乱 …

no image

詰め込み式の勉強社会で見放された子供たち

詰め込み式の教育、超スピードで進んでいく現在の教育の中では、落ちこぼれができるのも当然のことです。子どもによっては、ゆっくりと教育を受けさえすれば力を発揮できる子どもがいるのです。そのような子どもは、 …

no image

心の成長のための栄養源は甘えること

「甘えられる」は子どもの生きる力を生む源、心の成長のための栄養源です。大好きな人に身も心もゆだねて甘えられたらこんなにうれしいことはないでしょう。自分の気持ちに釘を刺されず、相手から心のシャッタ「を下 …